[Past Access Requests(過去のアクセスリクエスト)]レポート

このレポートを使用して、誰がリソースおよび関連するデータポイントへのアクセスをリクエストしたか(アクセス権が付与されたかどうか、誰がアクセス権を付与したか)を確認します。過去のリソース需要をモニタリングし、レポートを使用して、orgの監査およびコンプライアンスの要件を満たすこともできます。

レポートでは、以前に解決されたリクエスト、または完了済みとマークされたリクエストのみが示されます。

開始する前に

  • スーパー管理者、org管理者、読み取り専用管理者、モバイル管理者、またはレポート管理者としてサインインします。
  • ブラウザのポップアップブロッカーを無効にします。

既知の制限

  • 現在、[Past Access Requests(過去のアクセスリクエスト)]レポートでは、承認されたリクエストの詳細のみが示されます。拒否されたリクエストには、Access Requestsでリクエストを検索するために使用できるIDが含まれます。

  • このレポートでは、ユーザーがアプリケーションに割り当てられる、またはユーザーがOktaのグループに追加されるという結果にならないアクセスリクエストの限定的な情報が示されます。リクエストの詳細については、「Access Requests」を参照してください。

レポートを取得する

  1. Okta Admin Consoleで、[Reports(レポート)]>[Reports(レポート)]に移動します。
  2. [Entitlements and Access(資格とアクセス)]セクションで、[Past Access Requests(過去のアクセスリクエスト)]をクリックします。
  1. [Edit Filters(フィルターの編集)]をクリックします。
  1. 次のいずれかのフィールドを選択し、演算子を選択し、適切な値を入力します。
フィールド

[Resource(リソース)]

包含または除外するリソースを1つ以上選択します。

要求者

包含または除外する依頼者を1人以上選択します。

承認者

包含または除外する承認者を1人以上選択します。

Resource type(リソースタイプ)

[Application(アプリケーション)]または[Group(グループ)]、または両方を選択します。あるいはタイプが設定された、または設定されていないレコードを返すために[Operator(演算子)]を選択します。

Requested(リクエスト済み) 演算子が[before(前)]または[after(後)]の場合に日付を選択します。
[Decided(決定済み)]

演算子が[before(前)]または[after(後)]の場合に日付を選択します。

Decision(決定)

[Approved(承認済み)]、[Denied(拒否済み)]、または両方を選択します。あるいは決定が設定された、または設定されていないレコードを返すために[Operator(演算子)]を選択します。

Request type name(リクエストタイプ名)

リソースタイプの名前を入力します。あるいは名前が設定された、または設定されていないレコードを返すために[Operator(演算子)]を選択します。

[Time to resolved(解決までの時間)]

整数の時間を入力または選択します。

[Time bounded(制限時間)] リクエストに期限が設定されているかどうかを示すために、[true(真)]または[false(偽)]を選択します。
[Resource granted(リソースの許可)] リクエストが許可されたかどうかを示すために、[true(真)]または[false(偽)]を選択します。
  1. 任意。フィルターを追加するには[Add Filter(フィルターを追加)]をクリックし、フィルターを削除するには[X]をクリックします。
  2. [Apply(適用)]をクリックしてレポートを表示します。
レポートをダウンロードするには、[CSV Export(CSVエクスポート)]をクリックします。

このレポートのソースデータは1日を通じて定期的に更新されます。前回の更新以降に発生した変更はまだ反映されていない可能性があります。

関連項目

過去のキャンペーンの詳細レポート

過去のキャンペーンの概要レポート