エージェントを管理する

Okta RADIUSエージェントは必要に応じて起動、停止、再起動できます。
インストーラーは現在のオペレーティング・システムに応じてsystemdまたはinitdを使用してLinuxサービスを作成し、アプリケーションを管理します。

systemdを使用してエージェントを管理する

RADIUSエージェントを起動するには:

rootとして実行:

# systemctl start ragent

RADIUSエージェントを停止するには:

rootとして実行:

# systemctl stop ragent

RADIUSエージェントを再起動するには:

rootとして実行:

# systemctl restart ragent

RADIUSエージェントのステータスを確認するには:

rootとして実行:

root@localhost # systemctl status ragent

initdを使用してRADIUSエージェントを管理する

RADIUSエージェントを起動するには:
rootとして実行:

# /etc/init.d/ragent start 

RADIUSエージェントを停止するには:
rootとして実行:

# /etc/init.d/ragent stop 

RADIUSエージェントを再起動するには:
rootとして実行:

# /etc/init.d/ragent restart