ADFSでOkta MFAプロバイダーを有効にする

ADFSのMFAプロバイダーとして、Oktaを有効にする必要があります。

  1. ADFSサーバーにログオンします。
  2. ADFS管理コンソールを開きます。

  3. Windows Server 2012
    1. [認証ポリシー]を右クリックし、[多要素認証方法を編集...]を選択します。

    2. [多要素]タブを選択します。
    3. [追加の認証要素の選択]セクションで[Okta MFAプロバイダー]をチェックします。
      次に[OK]をクリックします。

    Windows Server 2016
    1. [サービス] > [認証方法]を展開します。
    2. [認証方法]を右クリックします。
    3. [多要素認証方法を編集...]をクリックします。

    4. [Okta MFAプロバイダー]を選択し、[OK]をクリックします。

  4. [アクセス制御ポリシー]を選択します。

  5. [アクセス制御ポリシーを追加]を選択します。

  6. [名前][説明]を入力し、[追加]をクリックします。

  7. ルール・エディターで、組織の必要に応じてポリシーを構成します。ルール・エディターで[および、多要素認証を必要とする]オプションを必ず含めるようにします。[OK]をクリックします。