グループ・プッシュについて

グループ・プッシュを使用すると、既存のOktaグループとそのメンバーシップをプロビジョニング対応のサード・パーティー製アプリケーションにプッシュできます。これらのメンバーシップはOktaのソースとなります。

グループ・プッシュはサード・パーティー製アプリにグループを追加しますが、Oktaではグループを作成しません。プッシュされたグループはOktaから管理されます。ターゲット・アプリのグループに変更を加えると、Oktaとの同期の問題が発生します。

グループ・プッシュをサポートするアプリケーションは次のとおりです。

  • Active Directory
  • Salesforce
  • Google Workspace
  • JIRA
  • Box
  • Slack
  • Dropbox
  • Jive
  • Office 365

グループ・プッシュをサポートするその他のアプリケーションを探すには、「Okta Integration Networkカタログ」を参照してください。

グループは、次の2つの方法のいずれかを使用してアプリケーションにプッシュされます。

  • 名前による:Oktaアプリケーション管理者は、ターゲット・アプリで作成および更新するグループをOktaから選択します。
  • ルールによる:一度に多くのグループをプッシュするには、グループ名または説明のいずれかの文字列を使用します。ルールによるグループ・プッシュはAD統合では使用できません。

グループ・プッシュに関する既知の制限事項は次のとおりです。

  • 割り当てとグループ・プッシュに同じOktaグループを使用することはサポートされていません。Oktaとダウンストリーム・アプリの間で一貫したグループ・メンバーシップを維持するには、ターゲット・アプリにグループをプッシュするように構成された別のグループを作成する必要があります。

関連項目

グループ・プッシュの前提条件

グループ・プッシュを有効にする

グループ・プッシュのトラブルシューティング