グループ・プッシュのトラブルシューティング

グループのプッシュで理解する最も重要な概念は、プッシュされたグループはOktaから管理されるということです。ターゲット・アプリから変更を加えると、Oktaとの不整合が生じ、多くの問題が発生します。[エラー]ページで診断できるものもあれば、できないものもあります。

エラーが発生すると、アラートに赤いエラー・パネルと考えられる問題のメニューが表示されます。

  • 赤い[情報]ボタンは、「故障時刻」の詳細と可能性のある原因を表示します。
  • [すべてのグループを再試行]ボタンを使用すると、修正後にグループを同時に再プッシュできます。

Oktaで[非アクティブ]と表示されているユーザーは、ダウンストリームのアプリにプッシュされません。非アクティブなユーザーを再アクティブ化してから、グループを再プッシュする必要があります。非アクティブなユーザーが複数のグループに属している場合、そのユーザーはメンバーであるすべてのグループに再プッシュされる必要があります。