プロファイルのプッシュについて

プロファイルのプッシュでは、プロビジョニング・イベントの発生時にOktaからアプリにプッシュする属性を選択できます。プロファイルのプッシュは単方向で、データはOktaからターゲット・アプリにのみプッシュできます。

SWAまたはSAMLアプリでこの機能を正常に使用するには、[ユーザー属性を更新][プロビジョニング]ページで選択し、[管理者がユーザー名とパスワードを設定します][サインオン]ページで選択する必要があります。

プロファイル・エディターを使用して属性をマップする場合、プロビジョニング・イベントの発生時にプッシュする属性を選択します。[ユーザー・プロファイルのマッピング]ダイアログ・ボックスのドロップ・ダウン・リストで使用可能なオプションは、属性ごとに異なります。アプリのタイプ、プロファイル・ソースのステータス、アプリの状態によって、表示されるオプションが決まります。[ユーザー・プロファイルのマッピング] ダイアログ・ボックスで使用可能なオプションは次のとおりです。

  • [ユーザーが作成および更新したマッピングを適用]:ユーザーの作成時とプロファイルの変更時にもデータをプッシュします。
  • [ユーザーが作成したマッピングのみ適用]:新しいユーザーが作成されたときにのみデータがプッシュされ、ユーザー・プロファイルが変更されたときにデータが自動的にプッシュされることはありません。
  • [マッピングしない]:既存のマッピングを削除します。マッピングを削除するを参照してください。

Oktaは部分的なプロファイルのプッシュをサポートしていません。プロファイル更新の際、Oktaは[ユーザーが作成したマッピングのみ適用]および[マッピングしない]に設定されている属性を含む、アプリ・ユーザーの完全なプロファイルをプッシュします。

関連項目

プロファイル・エディターでOktaの属性をアプリの属性にマッピングする