デフォルトのOktaグループプロファイルにカスタム属性を追加

デフォルトのOktaのグループプロファイルにカスタム属性を追加して、基準属性では利用できない追加属性を定義します。

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)] > [Profile Editor(プロファイルエディター)]に進みます。
  2. [Groups(グループ)]タブをクリックします。
  3. [Filters(フィルター)]リストからOktaをクリックします。
  4. Oktaグループのタイトルをクリックします。
  5. [Add Attribute(属性を追加)]をクリックします。
  6. 以下のフィールドに入力します。
    • データ型:次のいずれかのデータ型を選択します。
      • 文字列:ゼロまたはそれ以上のUNICODE文字の並び(文字、数字および/または句読点)
      • 数値:Java 64-ビットDouble形式の浮動小数点数「プラットフォームの仕様」を参照してください。
      • ブール値:true、false、またはnullデータ値を格納
      • 整数:Java 64-ビットLong形式の整数
      • 文字列の配列:文字列のシーケンシャルコレクション
      • 数字の配列:数字のシーケンシャルコレクション
      • 整数の配列:整数のシーケンシャルコレクション
    • 表示名:Okta Admin Consoleに表示される属性の説明となる名前を入力します。
    • 変数名:マッピングで参照できる属性名を入力します。
    • 説明:属性の説明を入力します。
  7. 任意。以下のフィールドに入力します。
    • Enum:値の列挙型リストを定義するには、このチェックボックスを選択します。ブール値以外のすべてのデータ型をサポートしています。
      • 属性メンバー表示名を入力します。例えば、「小」、「中」、「大」などです。
      • 別途追加:任意。別の属性メンバーを追加する場合は、このオプションを選択します。
      • 制限事項[Value must be unique for each user(値はユーザーごとに一意にする必要があります)]を選択して、各ユーザーに対して一意な属性であることを要求します。
      • 属性の長さ:[Value(値)]フィールドの最小および最大の長さを入力します。
    • 必須属性:このチェックボックスを選択して、その属性が必須であることを示します。
  8. [Save(保存)]をクリックします。