グループの優先順位付けのユース・ケース

このユース・ケースは、Office 365アプリで[グループ間で値を結合する]オプションを使用すると、属性データを統合するのにどのように役立つかを示します。

Office 365がOktaにもたらす属性の1つは[ライセンス]です。この属性は、組織内のさまざまなグループによって共有される場合があります。ユーザーがエンジニアリング販売の2つの異なるグループに割り当てられ、属性が重複している場合、[グループ間で値を結合する]すると属性を統合できます。

たとえば、マイク・バーンズという名前のユーザーにOffice 365アプリが割り当てられているとします。マイクはエンジニアリング・チームと販売チームのメンバーで、Oktaではグループとして示されています。

どちらのグループもOffice 365からライセンス・データを受信します。[グループ優先度を使用]オプションを選択した場合、マイクは、グループの優先度が最も高いエンジニアリング・チームのみから属性を受信します。

[グループ間で値を結合する]オプションを選択した場合、エンジニアリング・チームと販売チームの属性が結合されるため、マイクは両方から属性を受け取ります。

関連項目

アプリケーション・グループに優先順位付けする

属性グループの優先度を割り当てる