プロファイル属性をマッピングする

プロファイル属性をマッピングして、会社名などのアプリ属性をOktaの類似属性に関連付けます。属性の[ソースの優先度][プロファイル・ソースを上書きする]に変更した場合、属性の値はnullであり、マッピングする必要があります。プライマリ・プロファイル・ソースからマッピングされていない属性はnull値を持ち、値は優先度リストの他のソース・アプリからプルされません。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [プロファイル・エディター]
  2. アプリの[マッピング]をクリックし、リストが表示された場合は、[ユーザー・マッピングを設定]を選択します。
  3. [ユーザー・プロファイル・マッピング]ダイアログ・ボックスで[アプリからOkta ユーザー]タブを選択します。
  1. 属性をマッピングします。

a. 属性マッピングをスクロールします。

b. ターゲットで必須属性がマッピングされていることを確認してください。Oktaまたはアプリのユーザー・プロファイルは、どちらが必要かを示します。

c. ドロップダウンを使用して属性を追加するか、式を使用して連結または変換された値を持つ属性を追加します。

  1. 任意: をクリックし、属性のプッシュ頻度を設定します。 プロファイルのプッシュについてを参照してください。
  2. 任意:[プレビュー]をクリックし、マッピングを確認します。

結果は色分けされているため、問題の特定が容易です。緑は有効なマッピング、または値なしの有効なマッピングを示します。赤はマッピングが無効であることを示し、問題の解決に役立つエラー・メッセージが表示されます。列が空の場合、属性はマッピングされません。

[プレビュー]は機密属性には使用できません。

  1. [マッピングを保存][今すぐ更新を適用]をクリックします。