ロールバックリクエストの開始

Okta サポートに連絡し、ロールバックリクエストを開始するためにP1チケットをオープンします。これは一方向のアップグレードなので、Oktaサポートはリクエストに関する情報を収集する必要があります。リクエストとともに以下の情報を提供することで、処理を迅速化できます。

  1. グローバルセッションポリシーのスクリーンショットをキャプチャします(https://ORG-admin.oktapreview.com/admin/access/policies)。

  2. 認証ポリシーのスクリーンショットをキャプチャします(https://ORG-admin.oktapreview.com/admin/authn/authentication-policies)。

  3. MFA登録ポリシーと有効化してあるすべてのAuthenticatorのスクリーンショットをキャプチャします(https://ORG-admin.oktapreview.com/admin/access/multifactor)。

  4. IdPルーティングルールのスクリーンショットをキャプチャします(https://ORG-admin.oktapreview.com/admin/access/identity-providers#rules)。

  5. サンプルユーザーとアクセスできないアプリケーションに関する詳細情報を提供します。該当する認証ポリシーとサインインフローのビデオを含めます。

  6. 任意。アップグレードする前のOkta Classic Engineでのサインインフローのビデオを提供します。

  7. 重要な問題を再現する手順を記述します。できる限り詳しく説明し、もしあればアーキテクチャのフロー図を含めます。

  8. HARまたはFiddlerトレースファイルに完全なフローをキャプチャします。「HARファイルの作成」および「Capturing a Fiddler Trace for Okta Customer Support(Oktaカスタマーサポート向けのFiddlerトレースのキャプチャ)」を参照してください。

    1. Oktaセッションまたはブラウザーキャッシュをクリアするか、シークレットモードを使用します。

    2. フローの先頭から開始し、エラーが表示されるまで続行します。

    3. 他のエラーについて繰り返します。

関連項目

Classic Engineへのロールバック

ロールバック後の動作