サンプルのリクエストタイプを作成する

リクエストタイプは、各Organizationの構成と機能に大きく依存します。次のプロセスは、チームがリクエストタイプを構成して、ユーザーをJiraに割り当てる方法の簡単な例を示しています。手順は、他のアプリケーションでも同様です。詳細については、「リクエストタイプを作成する」を参照してください。

はじめに

このタスクを開始する

  1. アクセスリクエストのAdmin Consoleを開きます。
  2. 左側のパネルで、[アクセスリクエスト]をクリックします。
  3. [Create Request Type(リクエストタイプを作成)]をクリックします。
  4. エディターウィンドウから、一般設定を構成します。
    設定アクション
    名前名前を入力します。
    説明 説明を入力します。
    チームITチームを選択します。
    オーディエンス このリクエストタイプを使用してリクエストを送信できる特定のOktaグループを選択するか、Okta org内の全員が利用できるようにします。
  5. 質問を追加します。
    質問アクション
    理由
    1. [Text(テキスト)]で、「Why do you need access?」と入力します。
    2. [Type(タイプ)]で、[Text(テキスト)]を選択します。
    3. [Assigned to(割り当て先)]で、[Requester(要求者)]を選択します。
  6. タスクを追加します。
    タスクアクション
    リクエストを承認のためにマネージャーに転送する
    1. [Text(テキスト)]で、「Manager approval」と入力します。
    2. [Type(タイプ)]で、[Approval task(承認タスク)]を選択します。
    3. [Assigned to(割り当て先)]で、[Requester’s manager(要求者のマネージャー)]を選択します。

    リクエストを承認のためにITグループに転送する

    1. [Text(テキスト)]で、「IT approval」と入力します。
    2. [Type(タイプ)]で、[Approval task(承認タスク)]を選択します。
    3. [Assigned to(割り当て先)]で、[An Okta group(Oktaグループ)]を選択し、Oktaからプッシュされるグループを選択します。
    4. [Logic(ロジック)]タブに移動します。
    5. [Only show this task if(次の場合にのみこのタスクを表示)]を選択します。
    6. [Manager approval(マネージャーの承認)]を選択します。
    7. [is approved(承認済み)]を選択します。
    アプリを要求者に割り当てる
    1. [Text(テキスト)]で、「Assign Jira」と入力します。
    2. [Type(タイプ)]で、[Assign individual app to user(個々のアプリをユーザーに割り当てる)]を選択します。
    3. [Run automatically(自動的に実行)]を有効にします。
    4. [Email address(メールアドレス)]で、[Requester email(要求者のメール)]を選択します。
    5. [Select the application(アプリケーションを選択)]で、[A configuration list item(構成リストアイテム)]を選択します。
    6. [Applications(アプリケーション)]で[Jira]を選択します。
    7. [Logic(ロジック)]タブに移動します。
    8. [Only show this task if(次の場合にのみこのタスクを表示)]を選択します。
    9. [Manager approval(マネージャーの承認)]を選択します。
    10. [is approved(承認済み)]を選択します。
    11. [Add a Condition(条件を追加)]をクリックします。
    12. [IT approval(ITの承認)]を選択します。
    13. [is approved(承認済み)]を選択します。
  7. [Publish(公開)]をクリックします。

リクエストタイプが作成されます。

次の手順

リクエストの作成