リスクにさらされているユーザーウィジェット

早期アクセスリリース

リスクにさらされているユーザーウィジェットには、エンティティリスクレベルが過去7日間にわたって高および中のユーザーの人数が表示されます。また、高または中リスクレベルに達した最新のユーザーも表示されます。リスクレベルが高から低に変更されたユーザー、またはリスクレベルが低のユーザーは表示されません。

ウィジェットには、ユーザーのエンティティリスクレベルがいつ変更されたかも示されます。これらのイベントが実際に発生した日時は「リスクにさらされているユーザーレポート」で確認できます。

このウィジェットの情報を利用して、高および中リスクレベルイベントが現在生じているユーザーを識別できます。

[at-risk users(リスクにさらされているユーザー)]をクリックすると、リスクにさらされているすべてのユーザーが表示されます。

関連項目

エンティティリスク検出ウィジェット

継続的アクセスウィジェット

Identity Threat Protection with Okta AIのシステムログイベント