監査イベント

Okta Privileged Accessは、製品内とサーバー上の構成、登録、認証、承認に関連する各種イベントの詳細なログを提供します。この機能によって、接続試行、チーム設定の変更、資格情報の発行などのアクティビティを監視できるため、チーム内の効果的なコミュニケーションが可能になります。[Audits(監査)]タブには、チーム内の各ユーザー、オペレーティングシステム、プロジェクトのすべての監査イベントが表示されます。

監査イベントの表示

すべての監査イベントをリスト表示するには、Okta Privileged Accessダッシュボードで[Logging(ロギング)]に移動して[Audits(監査)]をクリックします。[Audits(監査)]ページが表示されます。

Okta System Log内の監査イベントも表示できます。詳細については、「Okta System Logによる監査イベントの統合」を参照してください。

Okta Privileged Access は、監査ログイベントを90日間保持します。監査ログイベントをより長期間アーカイブするときは、セキュリティイベント情報管理(SEIM)ソリューションに取り込むことをお勧めします。これは、 ASA監査ログAPIとの統合によって行うことができます。

[Audits(監査)]ページには、イベントごとに次の情報が表示されます。

  • リソース - 影響を受けたユーザーまたはリソース。
  • アクション - 実行されたアクション、それがリソースへのアクセスであるか、資格情報の発行であるか。
  • 関連情報 - このアクションが実行されたプロジェクトまたはサーバー。
  • 実行者 - アクションの実行者。
  • 日付 - アクションの実行日。

関連項目

グループ