エンドユーザー向けのダッシュボードタブの管理

この機能を使うと、エンドユーザー向けのダッシュボードタブを追加したり、そこに表示されるアプリを選択したりできます。管理されたダッシュボードは、新規のアクティブ化されていないユーザーに適用するか、すべてのアクティブ化済みユーザーに適用できます。

ダッシュボードタブを管理するには、スーパー管理者、組織管理者、モバイル管理者の権限が必要です。

管理対象のダッシュボードを変更するときは、常にユーザーに新規タブを伝えてください。

この機能を使用してアプリを割り当てたり削除したりすることはできません。これらの操作については、「アプリ統合を割り当てる」および「アプリ統合を削除する」を参照してください。

ダッシュボードの適用

  1. Admin Console[Customizations(カスタマイズ)][End-User Dashboard layout(End-User Dashboardのレイアウト)]に移動します。

  2. ダッシュボードを構成します。次のいずれかを実行できます。
    • タブを作成します。+記号をクリックし、名前を入力して、[Save(保存)]をクリックします。ダッシュボードには4つのタブを追加できます。
    • タブの名前を変更します。タブにカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックします。
    • タブにアプリを追加します。アプリをタブにドラッグアンドドロップするか、現在のタブ内でアプリを移動します。
    • タブを削除します。タブからアプリを削除し、次に[Delete(削除)]をクリックします。
  3. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Apply dashboard to all users(ダッシュボードをすべてのユーザーに適用)]:このオプションを選択すると、ユーザーの現在のダッシュボード構成が上書きされます。アプリが新しい場所に移動されること、個人アプリが[My Apps(マイアプリ)]という新しいタブに統合されることをユーザーに通知してください。これらの変更は元に戻せません。
    • [Apply dashboard to new users(ダッシュボードを新規ユーザーに適用)]:このオプションを選択すると、新しくアクティブ化されたユーザーがOktaに最初にサインインした際に新しいタブが表示されます。ユーザーはタブ間でアプリを移動したり、自分でタブを作成したり、個人アプリを追加したりできます。
  4. 任意。[Apply dashboard to new users(ダッシュボードを新規ユーザーに適用)]を選択した場合、[Activate user accounts(ユーザーアカウントのアクティベート)]を行えるようになります。

ダッシュボードをカスタマイズする場合、ユーザーのページのホーム上にバナーが表示されます。ダッシュボードをすべてのユーザーに適用した場合、Oktaは一意のIDに関連付けられたメールアドレスに確認メールを送信します。Oktaサポートはアプリに問題が発生した場合にこのIDを使用します。

エンドユーザーのダッシュボードをプレビューする

プレビュー機能を使うと、すべてのユーザーのタブ上で組織マネージドアプリを表示できます。セルフサービスアプリや個人用タブは表示されません。

プレビュー機能を使用する前に変更を適用してください。プレビューモードを実行すると下書きの変更が失われます。

  1. Admin Console[Customizations(カスタマイズ)][End-User Dashboard layout(End-User Dashboardのレイアウト)]に移動します。

  2. [View a user's dashboard(ユーザーのダッシュボードを表示)]をクリックします。
  3. ユーザーの名前を入力するかリストから選択し、[Preview(プレビュー)]をクリックします。

関連項目

ユーザー

アプリ統合へのアクセスとカスタマイズ

プロビジョニングとデプロビジョニング