ステップ1: メール アドレスの作成

  1. 管理コンソールで[Workflow (ワークフロー)]>[Workflows console (ワークフロー コンソール)]に移動します。

  2. Workflowsコンソールで[New Flow (新規フロー)]をクリックします。

  3. [Add Event (イベントの追加)]をクリックして、Okta Appsセクションから[API Endpoint (APIエンドポイント)]を選択します。

  4. カードの本文フィールドで、フィールド内のAaアイコンをクリックして、以下の値と値の型 (丸括弧内) を入力します。

  • 一番上には、data (object)と入力します。

  • dataオブジェクトには、appUser (object)と入力します。

  • appUserオブジェクトには、profile (object)と入力します。

  • profileオブジェクトには、firstName (text)と入力します。

  • profileオブジェクトには、 lastName (text)と入力します。

  1. Workflowsコンソールで、[Function (関数)]をクリックして、[Concatenate (結合)]を選択します。

  2. API EndpointカードからfirstNameの値をドラッグして、Concatenateカードの[text1]にドロップします。

  3. [text2]には、ピリオドを入力します。

  4. APIエンドポイントからlastNameの値をドラッグして、入力フィールドにドロップします。

  5. Concatenateカードの出力フィールド名をカスタマイズするには、出力フィールドを選択して、[Customize (カスタマイズ)]を選択します。

  6. 名前表示フィールドにプレフィックスを入力します。

  7. Workflowsコンソールで、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Text (テキスト)] > [Concatenate (連結)]の順にクリックします。

  8. 前のConcatenateカードからプレフィックス値をドラッグして、新しいConcatenateカードの[text1]にドロップします。

  9. text2には、@domain.comと入力します。「domain.com」には、好みのドメイン名を入力します。

  10. Composeカードの [output (出力)] フィールドをクリックして、[Customize (カスタマイズ]を選択します。

  11. [display name (名前表示)]フィールドにemailaddressと入力します。

  12. Workflowsコンソールで、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Text (テキスト)] > [Compose (構成)]の順にクリックします。

  13. Composeカードに、「 /api/v1/users?search=profile.email sw_ " "&limit=99」と入力します (「sw」あとに半角スペースを1つ入れます)。

  14. Concatenateカードから[emailaddress]フィールドをドラッグして、Composeカードの「sw」の後の空白スペースにドロップします。

  15. API呼び出しを構築するには、Workflowsコンソールで、[Add Another (他を追加)] > [App Action (アプリのアクション)]の順に進みます。

  16. アプリケーションのメニューから[Okta]を選択して、[Actions (アクション)]メニューから[Custom API Action (カスタムAPIアクション)]を選択します。

  17. Custom API Actionsカードで、[GET]を選択してから、[Done (完了)]をクリックします。

  18. Custom API Actionsカードで、[Query (クエリ)]ボックスと[Headers (ヘッダー)]ボックスのチェックを外して、[Done (完了)]をクリックします。

  19. Composeカードから出力をドラッグして、Custom API Actionカードの[Relative URL (相対URL)]フィールドにドロップします。

次のステップ

ステップ2:If/Else意思決定分岐の作成