ステップ1:フローの構築

  1. 管理コンソールで[Workflow (ワークフロー)]>[Workflows Console (Workflowsコンソール)]に移動します。

  2. ワークフローコンソールで [New Flow (新規フロー)]をクリックします。このフローを保存したいフォルダーがある場合は、任意でそのフォルダーを開き、[Create a Flow Now (今すぐフローを作成)]をクリックします。

  3. [Add New Event (新規イベントの追加)]をクリックして、アプリケーションのメニューから[Okta]を選択します。

  4. Oktaのイベントメニューで、[User Suspended (使用停止されたユーザー)]を選択します。

  5. Workflowsコンソールで、[Function (関数)]をクリックして、[Compose (構成)]を選択します。

  6. Composeカードで、「 Hello, the user with username has been suspended. Just wanted to make you aware. 」というメッセージを入力します (usernameの後に半角スペースを1個入れます)。

  7. Okta - User Suspendedカードからユーザーの[Alternate ID (別ID)]フィールドをドラッグして、Composeカードの空白スペースにドロップします。

  8. Workflowsコンソールで、[Add Another (他を追加)] > [App Action (アプリのアクション)]の順に進みます。

  9. アプリケーションのメニューから[Office 365 Mail]を選択して、[Actions (アクション)]メニューから[Send Email (メールの送信)]を選択します。

  10. Office 365のアカウントをまだ認証していない場合は、画面の指示に従って作業します。

  11. Send Emailカードで、[To (宛先)]フィールドにメール アドレスを入力します。

  12. Composeカードから出力をドラッグして、Send Emailカードの[Body (本文)]フィールドにドロップします。

  13. Send Emailカードの[Subject (件名)]フィールドに、「User Suspension Notification」と入力します。

次のステップ

ステップ2:フローへのテーブルの追加