ステップ6:ユーザーを有効化するフローの構築

  1. Workflowsコンソールで[New Flow (新規フロー)]をクリックします。
  2. フローに「1) Active user on Activation Date」という名前を付け、[Save (保存)]をクリックします。

  3. [Add Event (イベントの追加)]をクリックして、Oktaアプリから[Schedule (スケジュール)]を選択します。

  4. [Flow Schedule (フローのスケジュール)]ウィンドウで、[Frequency (頻度)]を[daily at midnight (毎日深夜)]に設定して、[Save (保存)]をクリックします。

  5. [Add Function (関数の追加)] > [Table (表)] > [Search Rows (行の検索)]の順にクリックします。

  6. Search Rowカードで、[Choose Table (表の検索)]をクリックして、請負業者アクセス表を選択します。

  7. [Result Set (結果セット)]フィールドで、[All macthing rows (一致するすべての行)]を選択します。

  8. [Done (完了)]をクリックして、すべての属性が選択されているか確認します。[Done (完了)]をクリックします。

  9. [Filter (フィルター)]をクリックして、最初の条件を値がSTAGEDのステータスに設定します。

  10. [Add Another (他を追加)]をクリックして、条件を「activation date <=」に設定します。

  11. Scheduled Flowカードから[Current Time (現在時刻)]フィールドをドラッグして、activation dateの値のフィールドにドロップします。

  12. [Done (完了)]をクリックします。

  13. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [List (リスト)] > [For Each]の順にクリックします。

  14. Search Rowsカードの[Rows (行)]フィールドをドラッグして、For Eachカードの[this list (このリスト)]フィールドの[For each]アイテムにドロップします。

次のステップ

ステップ7:ヘルパーフローの構築