ステップ7:ヘルパーフローの構築

  1. For Eachカードで、[Choose Flow (フローの選択)]をクリックします。
  2. [New Flow (新規フロー)]をクリックします。

  3. ヘルパーフローに「2a) Active user」という名前を付け、[Save (保存)]をクリックします。

  4. [Add Event (イベントの追加)]をクリックして、[Okta Apps (Oktaアプリ)]メニューから[Helper Flow (ヘルパーフロー)]を選択します。

  5. 最初のフィールドに「contractorRecord」と入力します。フィールドの型をObjectに変更します。

  6. [contractorRecord]サブフィールドに「userID」、「row」、「Row ID」、「suspendDate」と入力します。

  7. [Function (関数)] > [Error Handling (エラー処理)] > [If Error]をクリックします。

  8. If Errorカードで、[Try (試行)]を選択します。

  9. If Errorカードで、[+ (Add)]をクリックして、[Okta]を選択します。

  10. [Activate User (ユーザーのアクティブ化)]を選択します。

  11. [Send Email (メール送信)]フィールドで、[Yes]を選択します。

  12. [Done (完了)]をクリックします。

  13. Helper Flowカードから[userID]をドラッグして、[If Error] > [Try (試行)] > [Activate User (ユーザーのアクティブ化)]の[ID]フィールドまたは[Login (ログイン)]フィールドにドロップします。

  14. If Errorカードで、[Error (エラー)]を選択します。

  15. If Errorカードで、[+ Function] > [Error Handling (エラー処理)] > [Return Error (エラーを返す)]をクリックします。

  16. Errorカードから[Error (エラー)]をドラッグして、Return Errorカードの[message (メッセージ)]フィールドにドロップします。

  17. ヘルパーフローを保存します。

次のステップ

ステップ8:有効化されたSlackメッセージのユーザーへの送信