グループをプロジェクトに追加する

既存のAdvanced Server Accessグループをプロジェクトに追加します。

グループにより、ユーザー権限または管理者権限によるサーバーアクセスが可能になります。また、グループにはプロジェクト内のサーバーにAdvanced Server Accessグループを同期させるオプションがあります。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Create Server Group(サーバーグループの作成) ASAサーバーエージェントに、プロジェクト内のサーバーに対応するローカル(UnixまたはWindows)グループを作成させるかどうかを指定します。 ドロップダウン TRUE
Server Access(サーバーアクセス) ASAグループのメンバーであるユーザーに、プロジェクト内のサーバーへのアクセス権を付与するかどうかを指定します。 ドロップダウン TRUE
Server Admin(サーバー管理者) ASAグループのメンバーであるユーザーに、プロジェクト内のサーバーへのアクセス権(ルート/ローカルWindows管理者)を付与するかどうかを指定します。 ドロップダウン TRUE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Group Name(グループ名) プロジェクトに追加されるグループの名前。 文字列 TRUE
Project Name(プロジェクト名) グループの追加先となるプロジェクトの名前。 文字列 TRUE
Server Group Name(サーバーグループ名) [サーバーグループの作成]がtrueの場合はサーバーグループの名前。 文字列 FALSE
Unix GID [サーバーグループの作成]がtrueの場合は作成するサーバーグループのGID。 数値 FALSE
Server Selectors - Labels(サーバーセレクター - ラベル) プロジェクト内のサーバーのKubernetes形式のセレクター。形式:api.(キー)=(値) 文字列 FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Advanced Server Accessコネクター

Workflows要素

Advanced Server Access APIのドキュメント