HTTPステータスコード

Workflowsの多くのアクションカードには[Status Code(ステータスコード)]出力フィールドが含まれており、アクティブフロー内の特定の処理について成功/失敗を示します。カードから返される出力は、コネクタによって使用される可能性がある多くのHTTP応答ステータスコードのいずれかです。

HTTP応答ステータスコードは、5つのカテゴリーのどれかに属します。

注意

この参照トピックには非公式コードや、どの標準にも規定されていないコードは示されていません。

情報提示

コード

Title (タイトル)

説明

100 続行 リクエストの最初の部分が受信され、サーバーによってまだ拒否されていません。サーバーは、リクエストをすべて受信して対応を行ってから最終的な応答を送信します。
101 Switching Protocols(プロトコル切り替え中) サーバーは、この接続で使用されているアプリケーションプロトコルの変更について、Upgradeヘッダーフィールドによりクライアントのリクエストを理解し、対応を試みています。

102

Processing(処理中) サーバーが要求をすべて受け付けたが、まだ完了していないことをクライアントに通知するため使用される中間応答。

103

Early Hints(初期ヒント) サーバー応答の他の部分が準備できる前に主に使用される応答。

成功

コード

Title (タイトル)

説明

200 OK リクエストは成功しました。成功の実際の意味はHTTPメソッドにより異なります。
201 Created(作成日時) リクエストが実行され、1つ以上の新しいリソースが作成されました。

202

Accepted(受け付け済み) リクエストが受け付けられて処理されていますが、まだ処理が完了していません。処理が実際に行われる時点で拒否される可能性があるため、リクエストはこの後で実行されるかどうか未定です。

203

Non-Authoritative Information(信用できない情報) リクエストは成功しましたが、含まれているペイロードは変換プロキシーによって、元のサーバーの200 OK応答のものから変更されています。

204

No Content(コンテンツなし) サーバーはリクエストを正しく実行し、応答ペイロード本体で送信する追加コンテンツはありません。

205

Reset Content(コンテンツのリセット) サーバーはリクエストを正しく実行し、ユーザーエージェントに対して、リクエストを送信する原因となった「ドキュメントビュー」を、元のサーバーから受信されたときの最初の状態にリセットすることを求めています。

206

Partial Content(部分的なコンテンツ) サーバーは、ターゲットリソースに対する範囲付きのリクエストに対して、リクエストのRangeヘッダーフィールドに含まれている十分範囲に対応する選択された表現の一部を転送することにより、正常に対応しました。

207

Multi-Status(マルチステータス) マルチステータス応答は、複数のステータスコードが適切な可能性がある状況で、複数のリソースについての情報を搬送します。

208

Already Reported(すでに報告済み) 複数のバインディングの内部メンバーを、同じコレクションに対して繰り返し列挙することを避けるため、DAV: propstat応答要素の内部で使用される応答。

226

IM Used(IMを使用) サーバーはリソースのGETリクエストを実行し、応答は現在のインスタンスに1つ以上のインスタンス操作が適用された結果を表しています。

リダイレクト

コード

Title (タイトル)

説明

300 Multiple Choices(複数選択) ターゲットリソースに複数の表現があり、それぞれに独自の、より具体的な識別子が存在し、代替についての情報が提供されているため、ユーザー(またはユーザーエージェント)はそのリクエストをそれらの識別子の1つ以上にリダイレクトすることで、希望する表現を選択できます。
301 Moved Permanently(恒久的に移動済み) ターゲットリソースに新しい恒久的なURIが割り当てられ、そのリソースに対する以後の参照はすべて、同梱されているURIの1つの使用が求められます。

302

Found(検出) ターゲットリソースは一時的に別のURIに存在します。リダイレクションは場合によって変更されることがあるため、クライアントは以後のリクエストについて有効なリクエストURIを引き続き使用することを求められます。

303

See Other(他のものを参照) サーバーはユーザーエージェントを、LocationヘッダーフィールドのURIで示される別のリソースにリダイレクトします。これは、元のリクエストに対して間接的な応答を与えることを意図したものです。

304

Not Modified(変更なし) 条件付きのGETまたはHEADリクエストが受信され、本来なら200 OK応答が返されるところでしたが、条件がfalseと評価されたため、その応答が返されせんでした。

305

Use Proxy(プロキシー使用) この仕様の以前のバージョンで定義されたもので、プロキシーのインバンド構成に関するセキュリティの懸念があるため、現在では廃止されています。

307

Temporary Redirect(一時的なリダイレクト) ターゲットリソースは一時的に別のURIの下に存在し、ユーザーエージェントはそのURIへの自動リダイレクトを行うなら、要求メソッドを変更してはいけません。

308

Permanent Redirect(恒久的なリダイレクト) ターゲットリソースに新しい恒久的なURIが割り当てられ、そのリソースに対する以後の参照はすべて、同梱されているURIの1つの使用が求められます。

クライアントエラー

コード

Title (タイトル)

説明

400 Bad Request(不正な要求) サーバーは、クライアントエラーと見られる何かが存在するため、リクエストを処理できない、または処理しません(たとえば、リクエストの構文が不正である、リクエストメッセージのフレーミングが無効である、リクエストのルーティングが偽造であるなど)。
401 Unauthorized(未認可) リクエストに、ターゲットリソースへの有効な認証資格情報が欠けているため、適用されませんでした。

403

Forbidden(禁止) サーバーは要求を理解しましたが、認可することを拒否しました。

404

Not Found(見つからない) 元のサーバーがターゲットリソースの現在の表現を見つけられなかったか、その存在を公開することを望んでいません。

405

Method Not Allowed(メソッド不許可) リクエスト行で受信されたメソッドは、元のサーバーに既知のものでしたが、ターゲットリソースでサポートされていません。

406

Not Acceptable(受け付け不能) ターゲットリソースには、リクエストで受信された事前ネゴシエーションヘッダーフィールドに従い、ユーザーエージェントが受け付けられる現在の表現が存在せず、サーバーはデフォルト表現を提供することを望んでいません。

407

Proxy Authentication Required(プロキシー認証が必要) 401 Unauthorized(未認証)と似ていますが、クライアントがプロキシーを使用するため自分自身を認証する必要があることを示しています。

408

Request Timeout(リクエストのタイムアウト) サーバーが、設定されている待ち時間内に、完全なリクエストメッセージを受信しませんでした。

409

Conflict(競合) リクエストは、ターゲットリソースの現在の状態と競合するため、完了できませんでした。このコードは、ユーザーが競合を解決してリクエストを再送信できる可能性がある状況で使用されます。

410

Gone(消失) ターゲットリソースは元のサーバーで利用できなくなっており、その状態が恒久的なものと考えられます。

411

Length Required(Lengthが必要) サーバーは、Content-Lengthが定義されていないリクエストを受け付けることを拒否しています。

412

Precondition Failed(前提条件の失敗) リクエストのヘッダーフィールドで指定された条件の1つ以上が、サーバーでテストされたときfalseと評価されました。

413

Payload Too Large(ペイロード過大) サーバーは、リクエストのペイロードがサーバーで処理するには大きすぎるため、リクエストの処理を拒否しています。

414

Request-URI Too Long(Request-URIが長すぎる) サーバーは、request-targetが長すぎるため、リクエストの処理を拒否しています。

415

Unsupported Media Type(メディアタイプが未サポート) 元のサーバーは、ペイロードがターゲットリソースについて、このメソッドでサポートされていない形式であるため、リクエストへのサービスを拒否しています。

416

Requested Range Not Satisfiable(要求の範囲が十分でない) 要求のRangeヘッダーフィールドの範囲がどれも、選択されたリソースの現在の範囲と重なっていないか、要求された範囲の組が無効な範囲か、小さいまたは重なっている範囲の過剰な要求であるため、リクエストが拒否されました。

417

Expectation Failed(予測失敗) リクエストのExpectヘッダーフィールドに指定された予測が、インバウンドサーバーの少なくとも1つにより満たされませんでした。

421

Misdirected Request(要求の誤ったリダイレクト) リクエストが、応答を生成できないサーバーでリダイレクトされました。このメッセージは、リクエストURIに含まれているスキーマと認可の組み合わせで応答を生成するよう構成されていないサーバーから送信されることがあります。

422

Unprocessable Entity(処理不能なエンティティ) メソッドのソースまたは宛先のリソースがロックされています。

423

Locked(ロック中) メソッドのソースまたは宛先のリソースがロックされています。

424

Failed Dependency(依存関係の失敗) 要求されたアクションは別のアクションに依存しており、その別のアクションが失敗したため、メソッドをリソースに対して実行できませんでした。

425

Too Early(早すぎる) サーバーは、再実行される可能性がある要求を処理するリスクを望んでいません。

426

Upgrade Required(アップグレードが必要) サーバーは、現在のプロトコルを使用してリクエストを実行することを拒否していますが、クライアントが別のプロトコルにアップグレードした後であれば実行する可能性があります。

428

Precondition Required(前提条件が必要) 元のサーバーは、リクエストが条件付きであることを要求しています。

429

Too Many Requests(リクエストの数が多すぎる) ユーザーが一定時間内に送信したリクエストの数が多すぎます(「レート制限」)。

431

Request Header Fields Too Large(リクエストのヘッダーフラグが大きすぎる) リクエストのヘッダーフィールドが大きすぎるため、サーバーが処理を望んでいません。リクエストヘッダーフィールドのサイズを小さくしてからリクエストを再送信できます。

451

Unavailable For Legal Reasons(法的な理由から利用不能) サーバーは、法的な要求の結果としてリソースへのアクセスを拒否しています。

サーバーエラー

コード

Title (タイトル)

説明

500 Internal Server Error(内部サーバーエラー) サーバーに予測しない状況が発生したため、リクエストを実行できません。
501 Not Implemented(未実装) サーバーは、リクエストを実行するために必要な機能をサポートしていません。

502

Bad Gateway(不良ゲートウェイ) サーバーは、ゲートウェイまたはプロキシーとして動作しているとき、リクエストの実行を試みてアクセスしたインバウンドサーバーから無効な応答を受信しました。

503

Service Unavailable(サービス利用不能) サーバーは現在、一時的な過負荷、またはスケジュールされた保守のため、リクエストを処理できません。この状態はしばらく後ならば軽減されていると思われます。

504

ゲートウェイのタイムアウト サーバーは、ゲートウェイまたはプロキシーとして動作しているとき、リクエストを完了するためアクセスを必要とした上流サーバーから時間内に応答を受信しませんでした。

505

HTTP Version Not Supported(HTTPバージョン未サポート) サーバーが、リクエストメッセージに使用されていたHTTPのメジャーバージョンをサポートしていないか、サポートを拒否しています。

506

Variant Also Negotiates(ネゴシエーションも行うバリアント) サーバーに内部的な構成エラーがあります。選択されたバリアントリソースは透過的なコンテンツネゴシエーションに自ら参加するよう構成されているため、ネゴシエーション処理における正しいエンドポイントではありません。

507

Insufficient Storage(ストレージ不足) リクエストを正しく完了するため必要な表現をサーバーに保管できないため、リソースにメソッドを実行できません。

508

Loop Detected(ループを検出) サーバーは、「Depth: infinity」を含むリクエストの処理中に無限ループを発見したため、操作を終了しました。このステータスは、操作全体の失敗を示しています。

510

Not Extended(拡張なし) リソースにアクセスするためのポリシーが、リクエストで満たされていません。サーバーは、拡張リクエストを発行するため必要なすべての情報をクライアントに返送します。

511

Network Authentication Required(ネットワーク認証が必要) クライアントは、ネットワークにアクセスするため認証を受ける必要があります。

関連項目

フローにおけるカードのエラー処理の設定

無効なフローの修復

Workflowsのエラーメッセージ