すべての行の読み取り

指定されたAirtableテーブル内のすべての行を読み取ります。

注

このイベントは、行数が4500行未満のテーブルに対し機能し、4501行目以降を切り捨てます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Base(ベース)Airtableで使用可能なベース。ドロップダウンTRUE
Table(テーブル)ベース内で使用可能なテーブル。ドロップダウンTRUE

出力

このカード内の出力フィールドはインスタンスに基づいて動的に生成されます。

フィールド定義タイプ
Rows(行)テーブル内の行とそのデータを表すオブジェクトを含むリスト。リスト

関連項目

Airtableコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Airtable API