Airtableコネクタ

Airtableはスプレッドシートベースのシステムにタスクを入力するコラボレーションプラットフォームです。行の作成、読み取り、更新、削除、検索の実行、およびAirtable APIに対するカスタムAPI呼び出しを行うことができます。

Airtableアカウントの承認

フローにAirtableカードを初めて追加する場合、そのコネクタの構成を設定する必要があります。 構成を設定することで、Airtableアカウントへの接続、情報の保存、およびコネクタを使用した次回のフロー構築時の構成の再利用が可能になります。 このコネクタを使用してフローを作成するたびにサインインする必要がなくなります。構成を1つ設定したら、その構成を再利用するか、新しい構成を設定できます。「Authorization(承認)」を参照してください。

Airtableコネクタイベントカード

アクション

説明

テーブル内の新規行テーブル内に新規行が作成されるとフローを開始します。

Airtableコネクタアクションカード

アクション

説明

行の作成指定されたAirtableテーブル内に行を作成します。
カスタムAPIアクションAirtable APIに対してカスタムの認証済みHTTP呼び出しを行います。
行の削除指定されたAirtableテーブル内の行を削除します。
すべての行の読み取り指定されたAirtableテーブルのすべての行を読み取ります。
行の読み取り指定されたAirtableテーブル内の行を読み取ります。
行の検索指定されたAirtableテーブル内の行を検索します。
行の更新指定されたAirtableテーブル内の行を更新します。