呼び出し

Lambda関数を呼び出します。

呼び出しは同期または非同期の場合があります。同期呼び出しの場合、Lambdaは詳細またはエラーを含む応答を待機します。非同期呼び出しの場合、Lambdaはイベントをキューに追加します。イベントが送信された後、応答にはステータスコードのみが含まれます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Use Function Name? (関数名の使用?)関数名を使用するかどうかを示します。オプションは[Yes (はい)]または[No (いいえ)]です。ドロップダウンTRUE
Your Functions (関数一覧)呼び出すことができる関数の一覧。ドロップダウンTRUE
Function Name(関数名)部分的または完全な名前を指定することで関数を呼び出します。文字列TRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Parameters (パラメーター)
invocationType 呼び出しのタイプ。選択肢はRequestResponseDryRun、またはEventです。
  • RequestResponse:同期呼び出し。応答が受信されるまで接続は開いたままです。
  • DryRun:ユーザー権限の検証。エラーを防ぐために関数を呼び出す前にこれを試します。
  • Event:非同期呼び出し。イベントはキューに追加され、2回試行された後で、デッドレターキューに移されます。
ドロップダウン FALSE
logType ログタイプ。選択肢は[None(なし)]または[Tail(トレイル)]です。
  • [None(なし)]:応答から実行ログを除外します。
  • [Tail(トレイル)]:応答に実行ログを含めます。
ドロップダウン FALSE
clientContextクライアントに関するデータ(限度:3583バイトのbase64エンコードデータ)。オブジェクトFALSE
payload関数に提供されるJSONデータ。オブジェクトFALSE
qualifier関数のエイリアス(以前に公開されている場合)。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
出力関数の応答。文字列
Log Result(ログ結果)実行ログの最後の4KB。文字列

関連項目

AWS Lambdaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

AWS Lambda API