Azure Active Directoryコネクターのガイダンス

フローでAzure Active Directoryコネクターを使用する際のガイダンスとベストプラクティスについては、次の情報を参照してください。

認証

管理者またはユーザーのAzure Active Directoryアカウントを使って接続を作成します。「認可」を参照してください。

接続の再承認

自分のアカウントを使って接続を正しく作成すると、そのアカウントを使って必要なだけの数の接続を作成できるようになります。管理者が構成を変更しなければ、古い接続を再承認できます。

アカウントのタイプ

  • Azure Active Directory管理者アカウント
  • Azure Active Directory管理者資格情報

サポートされるスコープ

Azure Active Directory connector環境では、次のOAuthスコープを有効にする必要があります。

  • email
  • openid
  • profile
  • offline_access
  • Directory.ReadWrite.All
  • Directory.AccessAsUser.All
  • Group.ReadWrite.All
  • User.ReadWrite.All
  • User.Invite.All
  • Calendars.ReadWrite
  • Calendars.ReadWrite.Shared
  • Contacts.ReadWrite.Shared
  • Files.ReadWrite.All
  • People.Read.All
  • AccessReview.ReadWrite.All
  • AccessReview.ReadWrite.Membership
  • Analytics.Read
  • AdministrativeUnit.ReadWrite.All
  • AppCatalog.ReadWrite.All
  • Bookings.ReadWrite.All
  • Chat.ReadWrite
  • PrivilegedAccess.ReadWrite.AzureAD
  • PrivilegedAccess.ReadWrite.AzureResources
  • EduAdministration.ReadWrite
  • Financials.ReadWrite.All
  • IdentityProvider.ReadWrite.All
  • IdentityRiskEvent.Read.All
  • IdentityRiskyUser.Read.All
  • DeviceManagementApps.ReadWrite.All
  • DeviceManagementConfiguration.ReadWrite.All
  • DeviceManagementManagedDevices.PrivilegedOperations.All
  • DeviceManagementManagedDevices.ReadWrite.All
  • DeviceManagementRBAC.ReadWrite.All
  • DeviceManagementServiceConfig.ReadWrite.All
  • Mail.Send.Shared
  • MailboxSettings.ReadWrite
  • Mail.ReadWrite.Shared
  • Member.Read.Hidden
  • Notes.ReadWrite.All
  • Notes.Create
  • Notifications.ReadWrite.CreatedByApp
  • OnPremisesPublishingProfiles.ReadWrite.All
  • Organization.ReadWrite.All Place.Read.All
  • ProgramControl.ReadWrite.All Reports.Read.All
  • RoleManagement.ReadWrite.Directory
  • SecurityEvents.ReadWrite.All
  • SecurityActions.ReadWrite.All
  • ThreatIndicators.ReadWrite.OwnedBy
  • Sites.FullControl.All
  • Tasks.ReadWrite
  • Tasks.ReadWrite.Shared
  • Agreement.ReadWrite.All
  • AgreementAcceptance.Read.All
  • Policy.Read.All
  • Policy.ReadWrite.TrustFramework
  • UserActivity.ReadWrite.CreatedByApp

アクションカードまたはイベントカード固有の制限

子フォルダーを返す

List Contact Folderカードは、最大で2レベルの子フォルダーを返します。これに代わるアプローチとして、カスタムAPIアクションカードで次のいずれかのAPIコールを使用することもできます。「カスタムAPIアクション」を参照してください。

  • フォルダーから第1レベルのコンタクトフォルダーを返します。

    /users/{{userPrincipalName}}/contactFolders/{{contactFolderId}}/childFolders

  • フォルダーから第1および第2レベルのコンタクトフォルダーを返します。

    /users/{{userPrincipalName}}/contactFolders/{{contactFolderId}}/childFolders?$expand=childFolders

  • フォルダーから第1レベル、第2レベル、および第3レベルのコンタクトフォルダーを返します。

    /users/{{userPrincipalName}}/contactFolders/{{contactFolderId}}/childFolders?$expand=childFolders($expand=childFolders)

関連項目

Azure Active Directoryコネクター

Workflows要素

Azure Active Directoryコネクターのガイダンス

Azure Active Directory管理APIの概要