エンベロープへの受信者の追加

エンベロープに受信者を追加します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Accounts(アカウント)使用可能なDocuSignアカウントから選択します。ドロップダウンTRUE
Recipient Type(受信者タイプ)使用可能な受信者タイプから選択します。ドロップダウンTRUE

入力

このカード内の入力フィールドは[Options (オプション)]の選択に基づいて動的に生成されます。

フィールド定義タイプ必須
Email(メール)受信者のメールアドレス。文字列TRUE
Name(名前)受信者の名前。文字列TRUE
Recipient ID(受信者ID)受信者のID。文字列TRUE
Routing Order(ルーティング順序)受信者のルーティング順序。文字列FALSE
Envelope ID(エンベロープID)エンベロープの一意のID。文字列TRUE
Notary Name(公証人名)公証人の名前。文字列FALSE
Notary Email(公証人メール)公証人のメールアドレス。文字列FALSE
Notary Note(公証人メモ)公証人に特有の注記。文字列FALSE
Witness For(立会人)署名立会人。文字列FALSE
Access Code(アクセスコード)受信者が身元を検証するために入力する必要があるアクセスコード。文字列FALSE
受信者に特有の注記。文字列FALSE
Custom Fields(カスタムフィールド)受信者に関するカスタムデータ。文字列FALSE
Role Name(ロール名)受信者のロール。文字列FALSE
Auto Navigation(自動ナビゲーション)自動ナビゲーションが有効かどうかを示します。ブーリアンFALSE
Sign In Each Location(各所に署名)受信者が各署名箇所に署名する必要があるかどうかを示します。ブーリアンFALSE
Phone Authentication(電話認証)受信者が音声認証に使用できる電話番号のリスト。テキストのリストFALSE
SMS Authentication(SMS認証)受信者がSMSテキスト認証に使用できる電話番号のリスト。テキストのリストFALSE
Host Name(ホスト名)署名ホストの名前。文字列FALSE
Host Email(ホストメール)署名ホストのメールアドレス。文字列FALSE
Signer Name(署名者名)署名者の名前。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
Recipient ID(受信者ID)受信者のID。文字列
Name(名前)受信者の名前。文字列
Email(メール)受信者のメールアドレス。文字列

関連項目

DocuSignコネクタ

Okta Workflowsの要素について

DocuSign開発者ドキュメンテーション