ユーザーの削除

Dropboxインスタンスからユーザープロファイルを削除します。

入力

フィールド定義タイプ必須
ユーザー
User ID(ユーザーID)削除するユーザープロファイルの一意識別子。文字列TRUE
Data (データ)
Wipe Data?(データのワイプ?)ユーザープロファイルに関連するすべての情報を恒久的に削除するためのオプション。ブーリアンFALSE
Transfer to User ID(転送先ユーザーID)ユーザープロファイルおよび関連情報の転送先の一意識別子。文字列FALSE
Send Alerts to User ID(アラート送信先ユーザーID)削除されるユーザープロファイルに関してアラートを送信する必要があるチームメンバーの一意識別子。文字列FALSE
Keep Account?(アカウントの維持?) 削除されるユーザープロファイルにリンクされているアカウントを保存するためのオプション。
注

[Keep Account? (アカウントの維持?)]オプションは、招待を了承し、メールリンクから手動でアカウントを有効化したユーザーに対してのみ適用可能です。ユーザーがメール招待を了承することによりアカウントを有効化しない場合、[Keep Account? (アカウントの維持?)]オプションは無効です。

ブーリアンFALSE
Retain Team Shares?(チーム共有の保持?)削除されるユーザープロファイルと他のチームメンバーの間で共有されているすべてのファイルを保存するためのオプション。ブーリアンFALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

文字列

関連項目

Dropbox for Businessコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Dropbox開発者ドキュメンテーション