新規ベントの作成

Googleカレンダーアカウントの指定されたカレンダーに新規イベントを追加します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Calendar (カレンダー)カレンダーイベントを作成する使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Summary(概要)イベントのタイトル。文字列FALSE
Location(場所)イベントの地理的な場所。文字列FALSE
Description(説明)イベントの説明。文字列FALSE
Start Time(開始日時)イベントを開始する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻TRUE
End Time(終了日時)イベントを終了する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻TRUE
Recurrence String (繰り返し文字列)このフィールドを使用して、イベントを繰り返すかどうか、および繰り返しの時期を指定できます。フィールドは空白にすることができます。オプションは、RFC5545の指定に従い、RRULEEXRULE、およびEXDATEです。文字列FALSE
Attendees (参加者) イベントに招待するゲストのメールアドレス。複数の参加者の場合、test@example.com,test1@example.comのように、各メールをカンマで区切ります。

このフィールドは空白のままにすることができます。

注

イベントは認証されたコネクタを通じてカレンダー上に作成されます。

リストFALSE
Reminders (リマインダー) イベントが開始する前の指定時刻にトリガーされるアラーム。リマインダーは構成要は次のとおりです。
  • リマインダーを表示する時期を表す、イベント開始時刻前の数値(分数)
  • 使用する配信方式。[pop-up (ポップアップ)]または[email (メール)]

例:{"Method":"popup","Minutes":"2"}

注

リマインダーはカレンダー全体にも個別のイベントにも指定できます。リマインダーは認証されたユーザーに固有のプライベート情報です。複数のユーザーをまたがって共有されることはありません。

リストFALSE
Send Updates (更新の送信) イベントの更新に関する通知(タイトルの変更など)を受け取る必要があるゲスト。オプションは次のとおりです。
  • [All (すべて)]:通知はすべてのゲストに送信されます
  • [External Only (外部のみ)]:通知はGoogleカレンダー以外のゲストにのみ送信されます
  • [None (なし)]:通知は送信されません
ドロップダウンFALSE
ヒント

イベントにルームやリソースを追加するには、ルームやリソースに割り当てられたメールアドレスを見つける必要があります。

Google Adminで、リソースのページからリソースのメールアドレスをコピーし、[Attendees(参加者)]フィールドの参加者リストに追加します。会議室のメールアドレスの例は、c_244bu0rtcm6sjhhg2ce582a2h5m4@resource.calendar.google.comのようになります。

出力

フィールド定義タイプ
Type (タイプ)イベントのタイプ。これはカレンダーイベントであることを考慮すると、ほとんどの場合はcalendar#eventとして返します。文字列
Event ID (イベントID)情報を取得するイベントの一意のID。文字列
Status (ステータス) イベントのステータス。取り得る値は次のとおりです。
  • [confirmed (確定)]:イベントは確定されています。これはデフォルトのステータスです。
  • [tentative (暫定)]:イベントは暫定的に確認されています。
  • [canceled (取り消し)]:イベントは取り消されています。
文字列
Html Link (HTMLリンク)GoogleカレンダーWeb UIのこのイベントへの絶対リンク。文字列
Created Time (作成日時)イベントが作成された日時。ISO形式(YYYY-MM-DDThh:mm:ss+00:00)です。+00:00はタイムゾーンオフセットです。文字列
ICalUID (ICalUID) RFC5545で定義されているイベントの一意識別子。複数のカレンダーシステムをまたがってイベントを一意に識別するために使用され、importメソッドを介してイベントをインポートする際に指定する必要があります。

ICalUIDidは同一ではなく、イベントの作成時にはどちらか1つのみ指定する必要があることに注意してください。これらのセマンティクスにおける違いの1つは、繰り返しイベントで、1つのイベントのすべての出現は異なるidを持つのに対して、それらはすべて同じICalUIDを共有するということです。

文字列
Recurring Events (繰り返しイベント)
Event ID(イベントID)イベント識別子。文字列
Recurring Event ID(繰り返しイベントID)繰り返しイベント識別子。文字列
Summary(概要)イベントのタイトル。文字列
Start Time(開始日時)イベントを開始する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻
End Time(終了日時)イベントを終了する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。日付&時刻

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション