空き時間帯の読み取り

Googleカレンダーアカウントの空き時間帯を特定します。

入力

フィールド定義タイプ必須
Hourly Window (時間帯)
Day(日付)YYYY-MM-DD形式の日付。文字列TRUE
Start Time(開始日時)イベントを開始する日時。形式はHH:MM:SSZです。日付&時刻TRUE
End Time(終了日時)イベントを終了する日時。形式はHH:MM:SSZです。日付&時刻TRUE
Time Zone (タイムゾーン)次の形式のタイムゾーン。
  • UTC+-HH
  • GMT+-HH
  • CEST+-HH(中央ヨーロッパ夏時間)
  • EEST+-HH(東ヨーロッパ夏時間)
  • 地域/都市
日付&時刻TRUE
Event Duration (イベント所要時間)
Duration (所要時間)イベントの所要時間(分)。値は1以上である必要があります。数値FALSE
Calendar (カレンダー)
Calendar ID(カレンダーID)カレンダーの識別子。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Fields (フィールド)
Number of Available Slots (空き時間帯の数) その時間枠に対してユーザーのカレンダー上で空いている「時間帯」の数。Duration (所要時間)入力フィールド値を考慮した場合、指定所要時間のイベントがこの数だけユーザーのスケジュールに適合することを意味します。例:
  • カレンダーに空白が45分あり、所要時間入力が20分の場合、返される空き時間帯の数は2となります。
  • カレンダーで20分枠が4つのみ空いており、所要時間入力が30分の場合、合計で80分の空きがあっても、空き時間帯の数は0となります。
数値
Total Minutes Available (合計空き分数)ユーザーのカレンダーで空いている分数の合計。数値
List of Busy Times (ビジー時間のリスト)ビジー時間オブジェクトのリスト。このリストで返される各オブジェクトは、ユーザーがビジーであるかイベントが予定されている、開始時刻から終了時刻までの時間帯です。オブジェクトのリスト
List of Available Times (空き時間のリスト)空き時間オブジェクトのリスト。このリストで返される各オブジェクトは、所要時間がユーザーの入力所要時間以下のイベントをスケジュールすることができる、開始時刻から終了時刻までの時間帯です。オブジェクトのリスト

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション