ルームの検索

Googleカレンダーアカウントのループや他のリソースを検索します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Result Set(結果セット) 検索結果に含めるアイテムの数を決定します。
  • [First Room(最初のルーム)]: 検索結果の最初のルームを返します。
  • [All Rooms(すべてのルーム)]: 検索基準に従ってすべてのルームを返します。
ドロップダウンTRUE
Filter(フィルター) 検索結果を制限する演算子を選択します。
  • No Filter(フィルターなし)]:ルームの検索カードに入力フィールドは追加されません。すべてのレコードを返します。

  • Starts With(開始値)]:プレフィックス一致の文字列値。文字列値の後には必ず*を付けます。

  • Equal(等しい)]:検索結果のルーム名には、この文字列が含まれている必要があります。部分文字列値は使用できません。

  • Not Equal(等しくない)]:検索結果のルーム名には、この文字列が含まれてはいけません。部分文字列値も使用できます。

フィルターは、次に示すフィールドの検索に対して設定されます。

  • Generated Name(生成される名前)

  • Name(名前)

  • Building ID(ビルディングID)

  • Floor Name(フロア名)

  • Capacity(容量)

  • Feature Instances(機能インスタンス)

  • Email(メール)(リソースの)

  • Category(カテゴリ)

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
[Filters(フィルター)]([Starts With(開始値)]オプションの場合)
Generated Name(生成される名前)読み取り専用のルールの名前で、自動的に生成され、ビルディング名、フロア、容量などのメタデータが含まれます。たとえば、NYC-2-Training Room 1A (16)のようになります。文字列FALSE
Name(名前) カレンダーリソースの名前。たとえば、Training Room 1Aのようになります。 文字列FALSE
フィルター([Equal(等しい)]および[Not Equal(等しくない)]オプションの場合)
Generated Name(生成される名前)読み取り専用のルールの名前で、自動的に生成され、ビルディング名、フロア、容量などのメタデータが含まれます。たとえば、NYC-2-Training Room 1A (16)のようになります。文字列FALSE
Name(名前) カレンダーリソースの名前。たとえば、Training Room 1Aのようになります。 文字列FALSE
Building ID(ビルディングID)ルームが存在するビルディングの一意なID。文字列FALSE
Floor Name(フロア名) ルームが存在するフロアの名前。 文字列FALSE
Capacity(容量)ルームの容量で、ルームの座席数です。数値FALSE
機能名([Equal(等しい)]オプションの場合のみ) ルームの機能の名前。文字列FALSE
Email(メール)ルームリソースのメールアドレスで、読み取り専用です。 文字列FALSE
Category(カテゴリ) カレンダーリソースの名前。オプションは次のとおりです。
  • CONFERENCE_ROOM

  • OTHER

  • CATEGORY_UNKNOWN

レガシーデータはCATEGORY_UNKNOWNに設定されます。

ドロップダウンFALSE
注

入力フィールドを空白のままにした場合、検索結果はすべてのカレンダーイベントを返します。

出力

フィールド定義タイプ
Rooms(ルーム)
Email(メール)ルームリソースのメールアドレスで、読み取り専用です。 文字列
Generated Name(生成される名前)読み取り専用のルールの名前で、自動的に生成され、ビルディング名、フロア、容量などのメタデータが含まれます。たとえば、NYC-2-Training Room 1A (16)のようになります。オブジェクト
Name(名前)カレンダーリソースの名前。たとえば、Training Room 1Aのようになります。オブジェクト
User Visible Description(ユーザーに表示される説明)ルームの説明で、ユーザーや管理者に表示されます。オブジェクト
Description(説明)ルームの説明で、管理者にのみ表示されます。オブジェクト
Kind(種類)リソースのタイプ。カレンダーリソースの場合、値はadmin#directory#resources#calendars#CalendarResourceです。オブジェクト
EtagsルームリソースのETag。オブジェクト
Type(タイプ) 返されるデータのタイプ。 オブジェクト
Category(カテゴリ)カレンダーリソースの名前。CONFERENCE_ROOMまたはOTHERを入力します。レガシーデータはCATEGORY_UNKNOWNに設定されます。オブジェクト
Feature Instances(機能インスタンス)ルームの機能のインスタンス。オブジェクトのリスト
Feature(機能)ルームの機能の名前。オブジェクト
IDルームの一意のID。オブジェクト
Capacity(容量)ルームの容量で、ルームの座席数です。オブジェクト
Floor Name(フロア名) ルームが存在するフロアの名前。 オブジェクト
Building ID(ビルディングID)ルームが存在するビルディングの一意なID。オブジェクト
Floor Section(フロアセクション)フロア内でルームが存在するセクションの名前。オブジェクト

関連項目

Googleカレンダーコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleカレンダーAPIドキュメンテーション