Perform Device Action(デバイスアクションの実行)

Google Workspaceのデバイスでアクションを実行します。

入力

フィールド定義タイプ必須
User Device (ユーザーデバイス)
Resource ID(リソースID)APIサービスがモバイルデバイスを識別するために使用する一意識別子。文字列TRUE
Action(アクション)Remotely Wipes all Google Workspace Data from Device(リモートでデバイスからすべてのGoogle Workspaceデータをワイプする):リモートでデバイスからGoogle Workspaceデータのみをワイプします。

Remotely Wipes All Data from Device(リモートでデバイスからすべてのデータをワイプする):リモートでデバイス上のすべてのデータをワイプします。

Approve the Device(デバイスを承認する):デバイスを承認します。デバイスアクティベーションを有効化した場合、デバイスアクティベーション設定が有効化された後に登録するデバイスは、ドメインとの同期を開始する前に承認を受ける必要があります。デバイスアクティベーションを有効にすると、Google Workspaceと同期するためにデバイスユーザーがDevice Policyアプリをインストールすることが必須になります。

Block Access to Google Workspace Data(データへのアクセスをブロックする):デバイス上のGoogle Workspaceデータ(メール、カレンダー、および連絡先)へのアクセスをブロックします。ユーザーは引き続きデスクトップコンピューターまたはモバイルブラウザーからメール、カレンダー、および連絡先にアクセスできます。

リモートワイプを取り消してからアクティベートする:デバイスのリモートワイプを取り消し、その後再アクティベートします。

リモートワイプを取り消してからブロックする:デバイスのリモートワイプを取り消し、その後ブロックします。

ドロップダウンTRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Google Workspace Adminコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Google WorkspaceスプレッドシートAPIドキュメンテーション