ファイルの削除

ファイルを恒久的に削除する場合は、このカードを使用します。

チームファイルに対してこのアクションを実行するには、親フォルダーの管理者である必要があります。フォルダーを削除するには、そのフォルダーとそのすべてのコンテンツの所有者である必要があります。

注意

ファイルはゴミ箱フォルダーに移動されません。

入力

フィールド定義タイプ必須
File ID (ファイルID) ファイルの一意のID。ファイルのIDは、Googleドライブウェブに移動することで特定できます。ファイルを右クリックし、[get sharable link (共有可能なリンクの取得)]を選択します。ファイルIDは、そのリンクの最後の部分で、id=の後にあります。例:https://drive.google.com/open?id=1avkd2a。必ずID全体(約20文字の長さ)を選択してください。

また、ファイルの検索アクションカードを使用して、名前を条件にファイルを検索することもできます。「ファイルの検索」を参照してください。ファイルの検索カードには、この入力フィールドにドラッグ可能な、[File ID (ファイルID)] 出力フィールドがあります。

文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Googleドライブコネクタ

Okta Workflowsの要素について

G Suite APIドキュメンテーション