行の作成

スプレッドシートの最下部に新規行を追加します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Use Spreadsheet ID? (スプレッドシートIDの使用?) IDによってGoogleスプレッドシートを指定するオプション。

Noを選択した場合、[Spreadsheet (スプレッドシート)]ドロップダウンからスプレッドシートを選択し、[Spreadsheet ID (スプレッドシートID)]フィールドを無視します。

Yesを選択した場合、アカウントで[Spreadsheet(スプレッドシート)]ドロップダウンのスプレッドシートの一覧は表示されなくなります。[Spreadsheet(スプレッドシート)]ドロップダウンから-- Enter Spreadsheet ID --を選択し、[Spreadsheet ID(スプレッドシートID)]フィールドにIDを入力します。

スプレッドシートIDは、スプレッドシートのURLに含まれる最後の文字列です。たとえば、URLがhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/1qpyC0XzvTcKT6EISywvqESX3A0MwQoFDE8p-Bll4hps/edit#gid=0なら、スプレッドシートIDは1qpyC0XzvTcKT6EISywvqESX3A0MwQoFDE8p-Bll4hpsです。

ドロップダウンTRUE
Spreadsheet(スプレッドシート) Googleスプレッドシートアカウントのスプレッドシートのリスト。
注意

APIの制限のため、検索で返されるスプレッドシートは最大100件です。特定のスプレッドシートを探すには、[Enter Spreadsheet ID(スプレッドシートIDの入力)]オプションを使用してください。

ドロップダウンTRUE
Spreadsheet ID(スプレッドシートID)選択されたスプレッドシートの一意識別子。文字列FALSE
Worksheets(ワークシート)選択されたスプレッドシート内のワークシートタブのリスト。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Columns (列)シートの行1から動的に生成される列のリスト(この入力を生成するには見出し行を手動で作成する必要があります)。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Updated Range (更新された範囲)新規行の範囲アドレス。たとえば、Sheet1!A20:M20など。文字列
Row Number(行番号)新規行の番号。数値

関連項目

Googleスプレッドシートコネクタ

Okta Workflowsの要素について

GoogleスプレッドシートAPIドキュメンテーション