リクエストの読み取り

課題IDまたはキーを使用して、Jira Service Deskのリクエストを読み取ります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Service Desk (サービスデスク)Jira Service Deskインスタンスの中から選択します。ドロップダウンTRUE
Request Type (リクエストタイプ)選択されたJira Service Deskのリクエストタイプのリストから選択します。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Read By (読み取り条件)
Issue ID or Key (課題IDまたはキー)課題の一意識別子またはキー。文字列TRUE

出力

このカード内の出力フィールドはインスタンスに基づいて動的に生成されます。以下では一部のフィールドを説明しています。

フィールド定義タイプ
Status (ステータス)
Status (ステータス)課題の現在のステータス。文字列
Status Category (ステータスカテゴリー)課題が割り当てられるカテゴリー。文字列
Status Date (ステータス日)現在のステータスの日付。文字列
Status Date ISO (ステータス日-ISO)現在のステータスの日付(ISO形式)。文字列
Status Date Readable (ステータス日-読み取り可能)現在のステータスの日付(読み取り可能形式)。文字列
Status Date Unix (ステータス日-UNIX)現在のステータスの日付(UNIX形式)。文字列
Customer (顧客)
Customer ID (顧客ID)顧客の一意識別子。文字列
Email (メール)顧客のメール。文字列
Display Name (表示名)顧客の表示名。文字列
Active? (アクティブ?)trueの場合、顧客はアクティブです。ブーリアン
Timezone (タイムゾーン)顧客のタイムゾーン。文字列

関連項目

Jira Service Deskコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Jira Service Desk API