ユーザーの作成

Oktaの新しいユーザーを作成します。一般にこのアクションはアプリケーションメンバーシップへのユーザーの追加などのイベントの後に続きます。

Oktaにおけるユーザーの作成の詳細については、「ユーザーの作成」を参照してください。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Option (オプション) 新しいユーザープロファイルのオプションを選択します。
  • 資格情報なし
  • 復旧質問付き
  • パスワード付き
  • パスワード&復旧質問付き
  • 認証プロバイダー付き
  • グループ内

:Okta組織内のデフォルトのEveryoneグループに対応するグループIDを使用すると、501 Not Implementedエラーが発生します。これは予想される動作です。Okta組織内のすべてのユーザーは自動的にデフォルトのEveryoneグループに追加されます。

ドロップダウンTRUE

入力

入力フィールドはオプションによって異なりますが、必須のOktaプロファイル属性であるユーザー名、名、姓、およびプライマリーメールを常に含みます。必須フィールドには赤のアスタリスクが付いています。

フィールド定義タイプ必須
プロファイル
Username (ユーザー名)Oktaユーザーのユーザー名 (メールアドレス形式)。文字列TRUE
First Name (名)Oktaユーザーの名。文字列TRUE
Last Name (姓)Oktaユーザーの姓。文字列TRUE
Primary email (プライマリーメール)Oktaユーザーのプライマリーメールアドレス。文字列TRUE
Credentials (資格情報)
Question (質問)パスワード復旧質問 (回答が指定される場合は指定する必要があります)文字列FALSE
Answer (回答)パスワード復旧質問への回答 (質問が指定される場合は指定する必要があります)。文字列FALSE
Password (パスワード)最小条件を満たすパスワード (ドキュメンテーションを参照)。文字列FALSE
Provider Name (プロバイダー名) アイデンティティープロバイダーの名前。以下のディレクトリインスタンス名を指定する必要があることに注意してください。
  • ACTIVE_DIRECTORY

  • LDAPプロバイダー

文字列FALSE
Provider Type (プロバイダータイプ) アイデンティティープロバイダータイプ。 ドロップダウンリストFALSE
Activate (アクティベート)
Activate (アクティベート)ユーザーは作成時にアクティベートされます (ドキュメンテーションを参照)。ブーリアンFALSE

出力

フィールド定義タイプ
Raw Body (未加工の本文)Okta APIから返される未加工のペイロード。オブジェクト
IDOktaに作成されるユーザーのID。文字列
Status (ステータス)ユーザーの現在のステータス、STAGEDPROVISIONEDACTIVERECOVERYLOCKED_OUTPASSWORD_EXPIREDSUSPENDEDDEPROVISIONEDのいずれか。文字列
Created(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

日付&時刻
Activated (アクティベート)ACTIVEステータスへの遷移が完了した時点のタイムスタンプ。ブーリアン
Status Changed (ステータス変更日時)ユーザーのステータスが変更された日時。日付&時刻
Last Login (最終ログイン日時)ユーザーの最終ログイン日時のタイムスタンプ。日付&時刻
Last Updated (最終更新日時)最後のユーザー更新のタイムスタンプ。日付&時刻
Password Changed (パスワード変更日時)パスワードが最後に変更された時点のタイムスタンプ。日付&時刻

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API