アプリケーションの割り当て済みユーザーの取得

IDによって、アプリケーションの特定のユーザー割り当てを取得します。

このカード内の入力および出力フィールドはインスタンスに基づいて動的に生成されます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Application (アプリケーション) ユーザー割り当てを取得するアプリを選択します。[Enter Application ID(アプリケーションIDの入力)]を選択し、IDによってアプリを選択します。
注意

表示される最大のアプリケーションは100アプリケーションインスタンスです。サーバーまたはネットワーク接続の問題が原因でタイムアウトが発生した場合、[Enter Application ID(アプリケーションIDの入力)]は表示されるただ1つのオプションです。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列TRUE
注

[User ID(ユーザーID)]がアプリケーションに割り当てられない場合、エラーが返されます。Oktaコネクタ内のアプリケーションに割り当てられたユーザーの一覧表示アクションカードを使用して、ユーザーがアプリケーションに割り当てられていることを検証します。

出力

フィールド定義タイプ
Profile Properties (プロファイルプロパティー)
Formatted (書式設定)ユーザーのログインがメールアドレスとして形式化され、@記号が含まれるかどうかを示します。文字列
Name(名前)

ユーザーの名前。

文字列
Nickname (ニックネーム)ユーザーのニックネーム。文字列
Given Name (名)ユーザーの名。文字列
Middle Name(ミドルネーム)ユーザーのミドルネーム。文字列
Family Name (姓)ユーザーの姓つまり名字。文字列
Email (メール)ユーザーのプライマリーメール。文字列
Profile Url (プロファイルURL)ユーザーのオンラインプロファイルまたはウェブページのURL。文字列
Picture Url (写真URL)ユーザーのオンライン写真のURL。文字列
Website (ウェブサイト)ユーザーのウェブサイトのURL。文字列
Gender(性別)ユーザーの性別。文字列
Birthdate (生年月日)ユーザーの生年月日。文字列
Time Zone (タイムゾーン)ユーザーのタイムゾーン。文字列
Locale Name (ロケール名)通貨、日時の形式、数値の表示形式などの項目をローカライズするための、ユーザーのデフォルトの場所。文字列
Phone Number (電話番号)ユーザーのメインの電話番号。文字列
Street Address (番地)ユーザーの住所の完全な番地部分。文字列
Locality (区域)ユーザーの住所の区域部分。文字列
Region (地域)ユーザーの住所の地域部分。文字列
Postal Code (郵便番号)ユーザーの住所のZIPコードまたは郵便番号部分。文字列
Country (国)ユーザーの住所の国部分。文字列
System Properties (システムプロパティー)
User ID (ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列
External ID(外部ID)

ユーザーの一意の外部ID。

文字列
Created(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

文字列
Last Updated (最終更新日時)ユーザーが最後に更新されたタイムスタンプ。文字列
Scope (範囲)ユーザーの範囲。文字列
Status (ステータス)ユーザーの現在のステータス。文字列
Status Changed (ステータス変更日時)ユーザーのステータスが変更された日時。文字列
Password Changed (パスワード変更日時)ユーザーのパスワードが変更されたタイムスタンプ。文字列
Sync State (同期状態)ユーザーの現在の同期状態。文字列
Last Sync (最終同期日時)最後の同期が発生したタイムスタンプ。文字列
Credentials (資格情報)
Username (ユーザー名)ユーザーのユーザー名。文字列
パスワードユーザーのパスワード。文字列

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API