プライマリーのリンクされたオブジェクト値の取得

IDによって指定された関連ユーザーについて、Oktaのプライマリー名によって指定された関係に含まれるプライマリーユーザーのユーザーIDおよび自己リンクを返します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Primary Name (プライマリー名) プライマリー名を手動で指定するか、ドロップダウンリストからプライマリー名を選択します。

-- Enter Primary Name --を選択した場合、[Primary Name (プライマリー名)] 入力フィールドに文字列を入力します。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
User (ユーザー)
Associated User ID (関連ユーザーID) プライマリーユーザーIDを取得する関連ユーザーのID 文字列TRUE
Linked Object (リンクされたオブジェクト)
Primary Name (プライマリー名)クエリーされるプライマリー関係の名前文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Primary Users (プライマリーユーザー)
User ID (ユーザーID)指定された関係に含まれるプライマリーユーザーのID文字列
User Self Link (ユーザー自己リンク)関連ユーザーIDについて、プライマリー名によって指定された関係に含まれるプライマリーユーザーの自己リンクを返します。 指定されたユーザーがいずれの関係のプライマリーユーザーでない場合、空の配列が返されます。 文字列

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API