アプリケーションの割り当てられたグループの読み取り

Oktaでアプリケーションのグループ割り当てを一覧表示します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Application(アプリケーション) ユーザーを割り当てるアプリケーションを選択します。[Enter Application ID(アプリケーションIDの入力)]を選択し、IDによってアプリケーションを選択します。
注意

表示される最大のアプリケーションは100アプリケーションインスタンスです。サーバーまたはネットワーク接続の問題が原因でタイムアウトが発生した場合、[Enter Application ID(アプリケーションIDの入力)]は表示されるただ1つのオプションです。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Application(アプリケーション)
ID アプリケーションの一意のID。

[Options(オプション)]から値[Enter Application ID(アプリケーションIDの入力)]が選択された場合に表示されます。

文字列TRUE
Group(グループ)
IDグループの一意のID。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Group(グループ)
IDグループの一意のID。文字列
Last Updated(最終更新日時)グループの最終更新日のタイムスタンプ。日付&時刻
Priority(優先順位)グループ割り当ての優先順位。数値
Links(リンク)グループに関連する検出可能なリソースオブジェクト
Profile(プロファイル)プロパティーを指定するための有効なJSONスキーマ。このフィールドは、Oktaの[Create a new app integration(新しいアプリ統合の作成)]ページで[OAuth 2.0 authentication(OAuth 2.0認証)]オプションが選択された場合に表示されます。「アプリ統合の追加」を参照してください。オブジェクト

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API