インポート障害

ユーザーインポート中に異常な数のアプリ未割り当てが発生するとフローをトリガーします。アプリ未割り当ての数は、指定されたインポートセーフガードによって定められています。「インポートセーフガードについて」を参照してください。

注

インポートセーフガードは、インポートの処理を可能にしながら未割り当てとすることが可能な、組織内のアプリケーションユーザーの最大パーセンテージです。

出力

フィールド定義タイプ
Date and Time (日時)Okta APIのイベントがトリガーされた日時。文字列
Message (メッセージ)イベントに関するメッセージの詳細。文字列
Event ID (イベントID)イベントの一意識別子キー。文字列
Event Type (イベントタイプ)公開されたイベントのタイプ。文字列
Event Time (イベント時刻)サービスに通知が配信された時点のタイムスタンプ。文字列
Version (バージョン)

バージョン管理インジケーター。

文字列
Actor (アクター)
IDインポート障害をトリガーしたOktaアクターのID。 文字列
Alternate ID (代替ID)Oktaアクターのメールアドレス。文字列
Display Name (表示名)Oktaアクターの表示名。文字列
Type(タイプ) 返されるデータのタイプ。 文字列
Application (アプリケーション)
IDインポート障害がトリガーされたアプリケーションのID。文字列
Alternate ID(代替ID)インポート障害がトリガーされたアプリケーションの代替ID。文字列
Display Name(表示名)インポート障害がトリガーされたアプリケーションの表示名。文字列
Type(タイプ)インポート障害がトリガーされたアプリケーションのタイプ。文字列
UUIDWebhookイベントの汎用一意識別子。文字列
Event Details (イベント詳細)この特定のイベントに対してOkta APIから返される未加工のJSONペイロード。オブジェクト
Headers(ヘッダー)レスポンスのヘッダーを表すオブジェクト。ヘッダーの各キーはkey: valueとしてヘッダー文字列に解析されます(Content-Type: text/plain)。オブジェクト
ソースユーザー固有データのソース。文字列
Debug Context(デバッグコンテキスト)
Debug Data(デバッグデータ) デバッグに使用されるトリガーされたイベントに関する情報。

たとえば、返されるデータにはURI、SMSプロバイダー、またはトランザクションIDが含まれる場合があります。

オブジェクト

注Oktaイベントに対して追加のユーザーまたはグループフィールドを作成できますが、Okta APIはOktaコネクタイベントカードに対して、[ID][Alternate ID(代替ID)][Display Name(表示名)]、および[Type(タイプ)]の4つのフィールドのみをサポートしています。値はこれら4つの入力フィールドに対してのみ返されます。ユーザーまたはグループに対してその他のフィールドはサポートされず、そうしたフィールドのデータはこのイベントカードによって返されません。

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API