ユーザーのアプリパスワードの変更

ユーザーのアプリパスワードが変更されるとフローをトリガーします。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Use App Instance ID? (アプリインスタンスIDの使用?)[Yes (はい)][No (いいえ)]を選択します。yesの場合、[App Instance ID (アプリインスタンスID)] フィールドから直接アプリケーションインスタンスを選択できます。ドロップダウンFALSE
Application (アプリケーション) ユーザーのパスワードが変更されたときにフローをトリガーするアプリを選択します。Enter Application IDを選択し、IDによってアプリを選択します。

注: ドロップダウンには1000個のアプリのみが表示されます。

ドロップダウンFALSE
Application Instance (アプリケーションインスタンス) 前の手順で選択されたアプリケーションに応じて、既存のアプリケーションインスタンスのリストから選択します。

注: ドロップダウンには2000個のアプリインスタンスのみが表示されます。このイベントは、選択されたアプリケーションインスタンスに対してのみトリガーします。リストにアプリケーションインスタンスが表示されない場合、[Use App Instance ID? (アプリインスタンスIDの使用?)] ドロップダウンおよび [App Instance ID (アプリインスタンスID)] フィールドを使用して、指定されたアプリケーションインスタンスに対してイベントをトリガーします。

ドロップダウンFALSE
Application Instance ID (アプリケーションインスタンスID) 一意のアプリインスタンスID。IDを使用してアプリケーションインスタンスと直接対話するには、[Use App Instance ID? (アプリインスタンスIDの使用?)]ドロップダウンリストでYesを選択します。

アプリのアプリケーションインスタンスIDを特定するには:

  1. [Okta Admin Console (Okta管理コンソール) > [Applications (アプリケーション)] に移動します。
  2. アプリをクリックします。アプリページが開きます。
  3. ページURLを確認します。アプリIDは、次の形式でURLに含まれています:https://yourcompany.okta.com/admin/app/yourappname/instance/YOURAPPINSTANCEID/

    例:https://acme.okta.com/admin/app/office365/instance/0oahjhk34aUxGnWcZ0h7/ この場合、0oahjhk34aUxGnWcZ0h7がアプリインスタンスIDです。
文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Date and Time (日時)Okta APIのイベントがトリガーされた日時。文字列
Message (メッセージ)イベントに関するメッセージの詳細。文字列
Event ID (イベントID)イベントの一意識別子。文字列
Event Type (イベントタイプ)公開されたイベントのタイプ。文字列
Event Time (イベント時刻)サービスに通知が配信された時点のタイムスタンプ。文字列
Version (バージョン)

バージョン管理インジケーター。

文字列
Admin (管理者)ユーザーのパスワードを変更したOkta管理者。オブジェクト
IDユーザーのパスワードを変更したOkta管理者のID。文字列
Alternate ID (代替ID)Okta管理者のメールアドレス。文字列
Display Name (表示名)Okta管理者の表示名。文字列
Type (タイプ)Okta管理者のタイプ。文字列
Okta User (Oktaユーザー)パスワードが変更されたOktaユーザーオブジェクト
IDパスワードが変更されたOktaユーザーのID文字列
Alternate ID (代替ID)Oktaユーザーのメールアドレス。文字列
Display Name (表示名)Oktaユーザーの表示名。文字列
Type (タイプ)Oktaユーザーのタイプ。文字列
Application User (アプリケーションユーザー)対象アプリケーションのユーザーの詳細。オブジェクト
ID対象アプリケーションのユーザーID。文字列
Alternate ID (代替ID)対象アプリケーションのユーザーの代替ID (通常はメールアドレス)。文字列
Display Name (表示名)アプリケーションユーザーの表示名。文字列
Type (タイプ)アプリケーションユーザーのタイプ。文字列
Application (アプリケーション)対象アプリケーション。オブジェクト
ID対象アプリケーションのID。文字列
Alternate ID (代替ID)対象アプリケーションの代替ID。文字列
Display Name (表示名)対象アプリケーションの表示名。文字列
Type (タイプ)アプリケーションのタイプ。文字列
UUIDWebhookイベントの汎用一意識別子。文字列
Event Details (イベント詳細)この特定のイベントに対してOkta APIから返される未加工のJSONペイロード。オブジェクト
Headers (ヘッダー)レスポンスのヘッダーを表すオブジェクト。ヘッダーの各キーは「key: value」としてヘッダー文字列に解析されます (Content-Type: text/plain)。オブジェクト
ソースユーザー固有データのソース。オブジェクト
Debug Context (デバッグコンテキスト)
Debug Data (デバッグデータ)デバッグに使用されるトリガーされたイベントに関する情報。たとえば、返されるデータにはURI、SMSプロバイダー、またはトランザクションIDが含まれる場合があります。オブジェクト

注Oktaイベントに対して追加のユーザーまたはグループフィールドを作成できますが、Okta APIはOktaコネクタイベントカードに対して、[ID][Alternate ID(代替ID)][Display Name(表示名)]、および[Type(タイプ)]の4つのフィールドのみをサポートしています。値はこれら4つの入力フィールドに対してのみ返されます。ユーザーまたはグループに対してその他のフィールドはサポートされず、そうしたフィールドのデータはこのイベントカードによって返されません。

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API