疑わしいアクティビティーの報告

Okta APIの疑わしいアクティビティーが報告されるとフローをトリガーします。

出力

フィールド定義タイプ
Date and Time (日時)Webhookイベントが公開された日時。文字列
Name (名前)疑わしいアクティビティーを報告したユーザーの名前。文字列
Email (メール)報告者のメールアドレス。文字列
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列
Suspicious Activity Details (疑わしいアクティビティーの詳細)報告された疑わしいアクティビティーの詳細。文字列
Event Details (イベント詳細)この特定のイベントに対してOkta APIから返される未加工のJSONペイロード。オブジェクト
Headers (ヘッダー)レスポンスのヘッダーを表すオブジェクト。ヘッダーの各キーは「key: value」としてヘッダー文字列に解析されます (Content-Type: text/plain)。オブジェクト
ソースユーザー固有データのソース。オブジェクト
Debug Context (デバッグコンテキスト)
Debug Data (デバッグデータ)デバッグに使用されるトリガーされたイベントに関する情報。たとえば、返されるデータにはURI、SMSプロバイダー、またはトランザクションIDが含まれる場合があります。オブジェクト
注

Oktaイベントに対して追加のユーザーまたはグループフィールドを作成できますが、Okta APIはOktaコネクタイベントカードに対して、[ID][Alternate ID(代替ID)][Display Name(表示名)]、および[Type(タイプ)]の4つのフィールドのみをサポートしています。値はこれら4つの入力フィールドに対してのみ返されます。ユーザーまたはグループに対してその他のフィールドはサポートされず、そうしたフィールドのデータはこのイベントカードによって返されません。

関連項目

Oktaコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Okta API