スケジュールローテーションの作成

Opsgenieで特定のスケジュールローテーションを作成します。

注

このカードのOpsgenie接続を作成するために使用されるAPIキーがチーム固有でないことを確認します。そうでない場合、このカードの[Team ID(チームID)]または[Team Name(チーム名)]フィールドのすべての値はチーム固有のAPIキーで指定されるチームをオーバーライドしません。Opsgenie APIキー管理ページでAPIキーを作成および管理することをお勧めします。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Schedule Identifier(スケジュール識別子) チームのスケジュール識別子のタイプ。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • Schedule ID(スケジュールID):スケジュールの一意のID。
  • Schedule Name(スケジュール名):スケジュールの名前。
ドロップダウンTRUE
Add Time Restrictions?(時間制限の追加?) 時間制限が追加されるかどうかを指定します。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • No(いいえ):時間制限は追加されません。

  • Time Only(時刻のみ):スケジュールローテーションを週の一定の時刻に限定します。

  • Day and Time(曜日と時刻):スケジュールローテーションを週の特定の曜日と時刻に基づいて限定します。

ドロップダウンTRUE

入力

これらのフィールドは、オプションで選択されたフィールドに基づいて動的に生成されます。

フィールド定義タイプ必須
Rotation(ローテーション)
Time Restrictions(時間制限) 週の各曜日に対する複数の開始および終了時刻を使用し、スケジュールローテーションを週の特定の曜日と時刻に限定するために使用されます。これにより、さまざまな時間にさまざまなスケジュールローテーションを適用できます。

[Add Time Restrictions?(時間制限の追加?)]オプションで[Time Only(時刻のみ)]が選択された場合、次のオプションを使用できます。時間は切り捨てられ、分は最も近い00/30に丸められます。

  • startHour - 0~23

  • startMinute - 00または30

  • endHour - 0~23

  • endMinute - 00または30

以下に例を挙げます。

{

"startHour": 5

"startMin": 30

"endHour": 16

"endMin": 0

}

[Add Time Restrictions?(時間制限の追加?)]オプションで[Day and Time(曜日と時刻)]が選択された場合、次のオプションを使用できます。曜日と時刻の両方のオプションが必要です。

  • startDay:monday~sunday

  • startHour:0~23

  • startMinute:00または30

  • endDay:monday~sunday

  • endHour:0~23

  • endMinute:00または30

以下に例を挙げます。

[

{

"startDay":"monday",

"endDay":"tuesday",

"startHour":8,

"endHour":18,

"startMin":0,

"endMin":30

},

{

"startDay":"thursday",

"endDay":"sunday",

"startHour":6,

"endHour":8,

"startMin":0,

"endMin":30

}

]

オブジェクトTRUE
Schedule ID(スケジュールID) スケジュールの一意のID。

このフィールドは、[Schedule Identifier (スケジュール識別子)]オプションから[Schedule ID(スケジュールID)]が選択された場合に表示されます。

文字列TRUE
Schedule Name(スケジュール名) スケジュールの名前。

このフィールドは、[Schedule Identifier(スケジュール識別子)]オプションから[Schedule Name(スケジュール名)]が選択された場合に表示されます。

文字列TRUE
Name(名前) 新規スケジュールローテーションの名前。
文字列FALSE
Start Date(開始日)ローテーションの開始日。日付形式はyyyy-MM-dd'T'HH:mm:ssZ(例:2017-01-15T08:00:00+02:00)。分は値として0または30を取ることができます。それ以外の場合、最も近い0または30に自動的に変換されます。日付&時刻TRUE
End Date(終了日)ローテーションの終了日。日付形式はyyyy-MM-dd'T'HH:mm:ssZ(例:2017-01-15T08:00:00+02:00)。分は値として0または30を取ることができます。それ以外の場合、最も近い0または30に自動的に変換されます。日付&時刻FALSE
Type(タイプ) ローテーションの期間。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • Hourly(毎時)

  • Daily(毎日)

  • Weekly(毎週)

ドロップダウンTRUE
Length(長さ)ローテーションの長さ。デフォルト値は1です。数値FALSE
Participant(参加者) スケジュールで使用されるエスカレーション、チーム、ユーザーのリスト、またはなし。各参加者は複数回使用することが可能で、指定された順序でローテーションされます。

ユーザーとチームの場合、オプションでIDまたはユーザー名のプロパティーを定義します。

以下に例を挙げます。

[

{

"type":"escalation",

"id":"3f145401-e6f3-428f-9f3c-41b0e1d172d5",

"name":"Team 2_escalation"

},

{

"type":"user",

"id":"d92b2aa1-4bc8-481b-a30e-4f19e5a27f83",

"username":"johnathan.doe@okta.com"

},

{

"type":"team",

"id":"d00f95c1-2cce-4110-adbc-2ceca786c305",

"username":"lily.doe@okta.com"

},

{

"type":"none"

}

]

オブジェクトの配列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
Result(結果) API呼び出しの結果。

たとえば、[Deleted(削除済み)]など。

文字列
Rotation ID(ローテーションID)新規スケジュールローテーションの名前。文字列
Name(名前)新規スケジュールローテーションの名前。 文字列

関連項目

Opsgenieコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Opsgenie APIの概要