スケジュールの削除

Opsgenieでスケジュールを削除します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Schedule Identifier(スケジュール識別子) スケジュールを識別する方法を指定します。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • Schedule ID(スケジュールID):スケジュールローテーションの一意のID。
  • Schedule Name(スケジュール名):スケジュールローテーションの名前。
ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Schedule ID(スケジュールID) スケジュールの一意のID。

[Schedule Identifier(スケジュール識別子)]オプションから[Schedule ID(スケジュールID)]が選択された場合に表示されます。

文字列TRUE
Schedule Name(スケジュール名) スケジュールの名前。

[Schedule Identifier(スケジュール識別子)]オプションから[Schedule Name(スケジュール名)]が選択された場合に表示されます。

文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
Result(結果) API呼び出しの結果。

たとえば、[Deleted(削除済み)]など。

文字列

関連項目

Opsgenieコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Opsgenie APIの概要