スケジュールの検索

PagerDutyインスタンス内のスケジュールを検索します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Result Set (結果セット) 検索結果を表示するために次のオプションのいずれかを選択します。
  • First Matching Record:単一のスケジュールを返します

  • First 100 Matching Records:最初に一致した100件のスケジュールレコードを返します

  • Stream Matching Records:一致したすべてのスケジュールレコードを親フローからヘルパーフローに渡します。カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加を行うためにヘルパーフローを選択できる、[Streaming(ストリーミング)]入力セクションがカードに追加されます。

ドロップダウンTRUE
ヒント

[Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)]オプションの使用方法と、多数のレコードを返すためのヘルパーフローのセットアップ方法については、「ヘルパーフローでのストリーム一致オプションの設定」を参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Search By (検索条件)
Name(名前) スケジュールの[Name(名前)]フィールドの値に基づいてレコードをクエリーするために使用される完全または部分的な文字列。たとえば、スケジュール名dgKyDNfmB3を検索するには、以下はいずれも有効なクエリー用語です。
  • dgKyDNfmB3

  • KyDN>

文字列TRUE
Search Criteria(検索条件)
Record Limit(レコード制限) 指定された最大数のレコードをストリーミングできます。許容される最小値は1で、最大値は1,000,000です。

[Records Limit(レコード制限)]入力フィールドは、[Stream Matching Records]オプションでのみ使用できます。

数値FALSE
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー) [Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State (状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

Flow(フロー)TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Schedule(スケジュール)検索条件に一致するスケジュールのリスト。オブジェクト
Schedule ID(スケジュールID)スケジュールの一意識別子。文字列
Name(名前)スケジュールの名前。文字列
Summary(概要)スケジュールに関する簡潔な情報を提供する短い文字列。多くの場合、これは[Name(名前)]と同じですが、識別子にすることは意図されていません。文字列
Description(説明)スケジュールに与えられる簡潔な説明。文字列
Type(タイプ) 返されるデータのタイプ。 文字列
Time Zone(タイムゾーン)スケジュールのタイムゾーン。デフォルトはUTCです。文字列
HTML URLPagerDutyインスタンス内のチームプロファイルのURL。文字列
Escalation Policies(エスカレーションポリシー)(オブジェクトのリスト)
Escalation Policy ID(エスカレーションポリシーID)エスカレーションポリシーの一意のユーザー識別子。文字列
Summary(概要)エスカレーションポリシーオブジェクトの概要。[Name(名前)]と同じである場合がありますが、識別子にすることは意図されていません。文字列
Type(タイプ)オブジェクトのスキーマを決定する文字列。これはエンティティ―の標準名である必要があり、オブジェクトが参照の場合は接尾辞として_referenceが付きます。文字列
HTML URLPagerDuty Webアプリでエンティティーが一意に表示されるURL。文字列
Users(ユーザー)(オブジェクトのリスト)
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列
Summary(概要)ユーザーオブジェクトの概要。[Name(名前)]と同じである場合がありますが、識別子にすることは意図されていません。文字列
Type(タイプ)オブジェクトのスキーマを決定する文字列。これはエンティティ―の標準名である必要があり、オブジェクトが参照の場合は接尾辞として_referenceが付きます。文字列
HTML URLPagerDuty Webアプリでエンティティーが一意に表示されるURL。文字列
Teams(チーム)(オブジェクトのリスト)
Team ID(チームID) チームオブジェクトの一意のユーザー識別子。 文字列
Summary(概要)チームオブジェクトの概要。[Name(名前)]と同じである場合がありますが、識別子にすることは意図されていません。文字列
Type(タイプ)オブジェクトのスキーマを決定する文字列。これはエンティティ―の標準名である必要があり、オブジェクトが参照の場合は接尾辞として_referenceが付きます。文字列
HTML URLPagerDuty Webアプリでエンティティーが一意に表示されるURL。文字列

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API