スケジュールの更新

PagerDutyインスタンス内のスケジュールを更新します。

入力

フィールド定義タイプ必須
Update By(更新条件)
Schedule ID(スケジュールID)更新されるスケジュールの一意識別子。文字列TRUE
Schedule(スケジュール)
Name(名前)スケジュールレイヤーの名前。文字列FALSE
Description(説明)スケジュールレイヤーの目的の概要。文字列FALSE
Time Zone(タイムゾーン)スケジュールのタイムゾーン。文字列TRUE
Schedule Layers(スケジュールレイヤー) スケジュールレイヤーのリスト。各スケジュールレイヤーのID、開始および終了時刻、ユーザー、および制限を含みます。スケジュールには少なくとも1つのスケジュールレイヤーが含まれている必要があります。

例:

{
 "Name": "new",
 "Start": "2021-09-29T15:58:11Z",
 "End": "",
 "Users": [
 {
 "User ID": "PB4W3JN",
 "Type": "user_reference"
 },
 {
 "User ID": "P6WEVDW",
 "Type": "user_reference"
 }
 ],
 "Restrictions": [
 {
 "Type": "daily_restriction",
 "Duration Seconds": 300,
 "Start Time Of Day": "12:31:23Z",
 "Start Day Of Week": null
 },
 {
 "Type": "daily_restriction",
 "Duration Seconds": 300,
 "Start Time Of Day": "10:21:23Z",
 "Start Day Of Week": null
 }
 ],
 "Rotation Virtual Start": "2021-09-30T15:58:11Z",
 "Rotation Turn Length Seconds": 3700
}
オブジェクトFALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API