チャンネルの名前変更

Slackチャンネルの名前を変更します。

デフォルトでは、チャンネルを作成したユーザーまたはワークスペース管理者または所有者であるユーザーがチャンネルの名前を変更できます。

注

このカードは、[Channel(チャンネル)]ドロップタウンに書き込みを試みるときタイムアウトになることがあります。ワークスペースのチャンネル数が多く、60秒の制限時間内に取得できない場合、これが発生する場合があります。カードをテストするときも、このタイムアウトが発生することがあります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル) 利用可能なチャンネルのリスト。
注意

最大200のパブリックチャンネルと100のプライベートチャンネルが表示されます。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーであるチャンネルのみ表示されます。パブリックチャンネルの数が200を超える可能性がなくても、該当するすべてのチャンネルが表示されない場合があります。一覧表示されないパブリックチャンネルを指定するには、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションを選択し、[Channel ID(チャンネルID)]入力フィールドに入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャンネルが1つも表示されない場合は、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル)
Channel ID(チャンネルID) Slackチャンネルの一意の識別子。このフィールドは、[Channel(チャンネル)][-- Enter Channel ID --(--チャンネルIDの入力--)]に設定されている場合に表示されます。文字列TRUE
Rename(名前変更)
Name(名前)[Channel(チャンネル)]で選択または[Channel ID(チャンネルID)]で指定されたチャンネルの新しい名前。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API