行の追加

Smartsheetシートに新しい行を作成します。

注意

Smartsheetでは1つのシートにつき5,000行までの制限があります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Your Smartsheet sheets (Smartsheetシート) Smartsheetインスタンスに関連付けられている、利用可能なすべてのSmartsheetシートのリストから選択します。[Input (入力)]セクションに入力されているIDでSmartsheetシートを選択するには[Insert ID (IDを挿入)]を選択します。 ドロップダウンTRUE
Row Position(行の位置) シートのどこに行を追加するかを選択します。
  • Top of Sheet(シートの一番上):シートの一番上に行を追加します。
  • Bottom of Sheet(シートの一番下):シートの一番下に行を追加します。
  • Above Row(行の上):指定した行の上に行を追加します。
  • Below Row(行の下):指定した行の下に行を追加します。
  • To Parent Row (top)(親の行(一番上)):指定した親の行に一番上の子として行を追加します。
  • To Parent Row (bottom)(親の行(一番下)):指定した親の行に一番下の子として行を追加します。
ドロップダウンTRUE

入力

このカード内の入力フィールドはインスタンスに基づいて動的に生成されます。

注

[Insert Column (列を挿入)][Edit Column Properties (列のプロパティを編集)]フォームの一番下にある[Restrict to... (制限を設定)]チェックボックスがSmartsheetでオンになっている場合、データ検証に合格するために正しいデータを入力する必要があります。

フィールド定義タイプ必須
シート
ID使用するシートの一意の識別子。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
id(ID)作成した行のSmartsheet ID。文字列
rowNumber(行番号)新たに作成された行に割り当てられた番号。文字列

関連項目

Smartsheetコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Smartsheet APIリファレンス