行オブジェクトの構築

行オブジェクトを構築します。[Add Rows (行の追加)]か[Update Rows (行の更新)]でこのアクションを使用して、シートで1つ以上の行を作成または更新します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Your Smartsheet sheets (Smartsheetシート) Smartsheetアカウントに関連付けられている、利用可能なすべてのSmartsheetシートのリスト ドロップダウンTRUE
Action(アクション)
  • Add Rows(行の追加)]:作成されたオブジェクトが[Add Rows(行の追加)]カードで使用されます。
  • Update Rows(行の更新)]:作成されたオブジェクトが[Update Rows(行の更新)]カードで使用されます。
ドロップダウンTRUE

入力

[Build Row Object (行オブジェクトの構築)]の入力フィールドはSmartsheetシートごとに動的に生成されます。シートの各列に対して入力フィールドが生成されます。参照する列に関連する名前が入力フィールドに付けられます。

たとえば、Smartsheetシートの列の名前が「Date」の場合、「Date」という名前の対応する入力フィールドを持ちます。

カスタム名が指定されていない場合、デフォルトのSmartsheet命名スキーム (Column1、Column2、...)が使用されます。

[Action (アクション)]ドロップダウンメニューで[Update Rows (行の更新)]を選択した場合、行を指定できる[Row ID (行ID)]フィールドが表示されます。

[Insert Column (列を挿入)][Edit Column Properties (列のプロパティを編集)]フォームの一番下にある[Restrict to... (制限を設定)]チェックボックスがSmartsheetでオンになっている場合、データ検証に合格するために正しいデータを入力する必要があります。例:

  • 列タイプが[Date (日付)]の場合、[Restrict to dates only (日付のみに制限)]チェックボックスをオンにしていると「02/12/2018」などの日付を入力する必要があります。
  • 列タイプが[Dropdown List (ドロップダウンリスト)]の場合、[Restrict to dropdown values only (ドロップダウンリストの値のみに制限)]チェックボックスをオンにしていると、リストの1つのオプションの値のみを入力する必要があります。
  • 列タイプが[Contact List (連絡先リスト)]の場合、[Restrict to list values only (リストの値のみに制限)]チェックボックスをオンにしていると、メールアドレスが利用可能な場合はメールアドレスを入力する必要があります。それ以外の場合は名前を入力する必要があります。

出力

フィールド定義タイプ
Row (行)[Add Rows (行の追加)][Update Rows (行の更新)]にドラッグアンドドロップできる、新たに構築された行オブジェクト

関連項目

Smartsheetコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Smartsheet APIリファレンス