If/Else

If/Else条件ステートメントは、フローで従うべきステップを決定するために使用します。

指定した条件が評価されるとき、結果がtrueとfalseのどちらかに応じて、フローはアクションおよび関数カードの特定のサブパスに従い、オプションとして出力を返してから、残りのフローを続行します。

If/Elseカードには3つのセクションがあります。

  • Condition:比較を指定します(true/falseのステートメント)。

  • Branches:条件の結果に基づいて実行されるアクションと関数を指定します。

  • Output Fields:If/Elseカードで正しいパスが実行された後の、オプションの出力を指定します。

条件:If/Elseカードの比較ステートメントの定義

  • value a:比較される値

  • comparison:どのような比較を行うか(次の表を参照)

  • value b:比較対象となる値

次のステップに進むには、[Done(完了)]をクリックします。それから、このステップに復帰する条件をクリックします。

value aとvalue bの型は必ず、どのような比較を行うかを反映するよう設定してください。たとえば、「greater than」演算子は、数値の場合は数値に基づいて比較を行いますが、テキストの場合はアルファベット順に基づいて比較を行います。したがって、80 > 9という数値の比較はtrueを返しますが、"80" > "9"というテキストの比較はfalseを返します。

関係演算子の表

演算子

ユースケース

equal to2つのテキスト、数値、日付、またはtrue/falseを比較し、同じ値かどうかを調べます。
not equal to 2つのテキスト、数値、日付、またはtrue/falseを比較し、異なる値かどうかを調べます。
greater than or equal 2つのテキスト、数値、または日付を比較し、最初のものが2番目のものと等しい、またはより大きいかどうかを調べます。
less than or equal 2つのテキスト、数値、または日付を比較し、最初のものが2番目のものと等しい、またはより小さいかどうかを調べます。
greater than 2つのテキスト、数値、または日付を比較し、最初のものが2番目のものより大きいかどうかを調べます。
less than 2つのテキスト、数値、または日付を比較し、最初のものが2番目のものより小さいかどうかを調べます。
a multiple of 2つの数値を比較し、value aがvalue bの正確な倍数かどうかを調べます。たとえば、12、0、-4はすべて4の倍数ですが、2、3、7は倍数ではありません。
in 2つのテキストを比較し、value aがvalue bの一部かどうかを調べます。たとえば、「test」は「this is a test」に含まれますが、「i」は「team」に含まれません。
not in 2つのテキストを比較し、value aがvalue bに含まれていないかどうかを調べます。
has key value aがオブジェクトで、value bがテキストのとき、そのオブジェクトに指定された名前のキーが存在するかどうかを調べます。 たとえば、value aが{"test":123}で、value bが「test」なら、trueを返します。
doesn't have key value aがオブジェクトで、value bがテキストのとき、そのオブジェクトに指定された名前のキーが存在しないかどうかを調べます。
is empty value aが空かどうかを調べます。value bは無視されます。何を「空」と定義するかは型によって異なります。注:この演算子はテキストとオブジェクトでのみ正しく動作します。
is not empty value aが空でないかどうかを調べます。注:この演算子はテキストとオブジェクトでのみ正しく動作します。

分岐:If/Elseカードでの分岐パスの定義

比較の結果に基づいて実行する、アクションと関数のカードを指定できます。条件を定義してから[Done(完了)]をクリックすると、2つの分岐パスが表示されます。

[Branches(分岐)]タブの上部にあるオレンジ色のコンテナーにあるアクションと関数は、入力フィールドで指定された条件ステートメントがtrueを返したとき、順に実行されます。同様に、下部にある青色のコンテナーのアクションと関数は、条件ステートメントがfalseを返したとき、順に実行されます。

各コンテナーには、アクションをいくつでも含めることができます。また、If/Elseを別のIf/Else内にネストすることもでき、多くの異なる分岐パスを作成して、それぞれに独自のアクションの組を持たせることが可能です。

出力:If/Elseステップへの出力の追加

[Create Outputs(出力の作成)]ボタンを使用して、If/Elseステップの全体にオプションの出力フィールドを追加できます。これらの値は、2つの分岐のいずれかが完了した後、フローの次のアクションまたは関数に進む前に割り当てられます。

新しい出力フィールドを追加するには、次の操作を行います。

  • 右側に出力ペイン ボックスが表示されていない場合、[Create outputs(出力の作成)]ボタンをクリックします。

  • 右側の[Outputs(出力)]ボックスに、目的の名前を入力します。

  • 出力の正しい型(例:テキストまたは数値)を選択します。

  • trueの分岐が実行された場合と、falseの分岐が実行された場合用の出力の値を指定します。対応する分岐からドラッグ アンド ドロップするか、ボックスの内部をクリックして、分岐内で実行されたステップの出力を選択できます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について