Workflowsの関数

APIコネクタ

関数

説明

APIコネクターカードを使った認証 APIコネクター(HTTP)関数カードを使用して、サードパーティーサービス用に認証済みの基本、OAuth 2、またはカスタム接続を作成します。
HTTPエラーHTTP関数で発生したエラーは通常、呼び出したAPIから返される標準HTTPエラーコードと対応しています。 たとえば、APIからステータスコード400が返された場合は「Bad Request」エラーです。ステータスコードが401なら、エラーは「Unauthorized」です。 ステータスコード、エラー名、一般的な説明の完全なリストについてはWikipediaを参照してください。
API Endpoint URLを指定してフローを呼び出します。
Close API Endpointフローでのみ使用します。API Endpointを参照してください。

この関数は、ReturnReturn Rawと同様に呼び出し元に応答を返してHTTP接続を閉じますが、その後もフローの実行を続けられます。この関数は、接続のタイムアウト前に完了しない可能性があり、その後で呼び出し元が同じ入力でエンドポイントを再度呼び出す可能性があるフローで便利です(これにより、意図しない実行の重複を避けられます)。

DeleteHTTP DELETE要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必要なURL入力と、オプションのヘッダー、本文、クエリー入力を指定します。
GetHTTP GET要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必要なURL入力と、オプションのauth、ヘッダー、クエリー入力を指定します。それぞれのオプション入力は、単一のオブジェクト型入力、または適切なグループ属性を持つ複数のキーによりモデル化できます。出力には、headersとoutputの2つのキーを持つオブジェクトが返されます。outputキーには応答の本文、headersキーには応答ヘッダーが含まれています。複数のキーと適切なグループ化を使用すると、これらについてより詳細な情報にアクセスできます。注:
PostHTTP POST要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必須のURL入力と、オプションのauth、ヘッダー、本文、クエリー入力を指定します。それぞれのオプション入力は、単一のオブジェクト型入力、または適切なグループ属性を持つ複数のキーによりモデル化できます。出力には、headersとoutputの2つのキーを持つオブジェクトが返されます。outputキーには応答の本文、headersキーには応答ヘッダーが含まれています。複数のキーと適切なグループ化を使用すると、これらについてより詳細な情報にアクセスできます。
PutHTTP PUT要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必須のURL入力と、オプションのauth、ヘッダー、本文、クエリー入力を指定します。それぞれのオプション入力は、単一のオブジェクト型入力、または適切なグループ属性を持つ複数のキーによりモデル化できます。出力には、headersとoutputの2つのキーを持つオブジェクトが返されます。outputキーには応答の本文、headersキーには応答ヘッダーが含まれています。複数のキーと適切なグループ化を使用すると、これらについてより詳細な情報にアクセスできます。
Raw Request高度な関数。このメソッドは、未加工のHTTPリクエストを実行し、フロー構築者がHTTPリクエストのすべての要素をコントロール可能にします。 これにより、たとえばフローからXMLサービスやHTMLサービスを呼び出せるほか、他の多くの高度な使用法が可能になります。 他のHTTP関数は、一般的なJSONベースのサービスで使いやすいように最適化されています。Raw Request関数はより柔軟ですが、使い方が多少難しくなります。Raw Requestのユースケースのいくつかを示します。

分岐

関数

説明

Assign If条件ステートメントの結果がtrueかfalseかに基づいて値を割り当てます。outputの可能な値が2つより多い場合は、Lookupを参照してください。
Continue If 条件テストの結果がtrueかfalseかに基づいて、フローを続行または停止します。 条件がtrueのときにエラーのあるフローを停止するには、代わりにReturn Error Ifを使用します。
If/Else If/Else条件ステートメントは、フローで従うべきステップを決定するために使用します。
If/ElseIf複数のifおよびelse if条件に基づいて、異なるアクションの実行を指定します(一部のプログラミング言語でのSwitchCaseと同様です)。単一の条件に基づいて異なるアクションを指定するには、If/Elseを使用します。
Lookupルックアップテーブルを使用して値を別の値に変換します。たとえば、1つのWebサービスコードを別のWebサービスコードに、部門名を連絡先メールに変換できます。

日付と時刻

関数

説明

Add開始の日付と時刻に時間単位(例:秒)の倍数を加算し、結果の日付を返します。
Convert日付と時刻を各種の形式に変換します。
Date to Text日時を指定のタイムゾーンで、与えられた形式に変換します。
Difference2つの日付の時間の差を返します。
Epoch指定された日時を、1970年1月1日(UTC/GMTの真夜中)から経過した秒数に変換します。うるう秒は数えません。これは、一部のシステムの標準日付形式です。
ISO指定された日付と時刻について、UTC "Z"表記を使用し、対応するiso8601文字列を返します。現地のタイムゾーンへの調整は行われません(例:「2016-09-07T16:55:25.670Z」)。
Now現在の日付と時刻を各種の形式で返します。これらはすべてUTC時刻です(現地のタイムゾーンに調整されません)。 日付をタイムゾーンに調整するには、 Date to Text 関数を使用します。
Subtract開始の日付と時刻から時間単位(例:秒)の倍数を減算し、結果の日付を返します。
Text to Dateテキストの内容から、指定された書式に従って日付と時刻を作成します。指定された書式により、「start」入力の内容の書式が識別されます。
UNIX指定された日時を、1970年1月1日(UTC/GMTの真夜中)から経過したミリ秒の数に変換します。うるう秒は数えません。これは、一部のシステムの標準日付形式です。 経過時間をミリ秒の代わりに秒で計算する場合は、Epoch を参照してください。

暗号化

関数

説明

AES入力テキストをAES暗号化し、暗号化されたテキストを返します。OpenSSLで指定された任意のaesベースのアルゴリズムを使用できます。

Decrypt

キーと、指定されたOpenSSLアルゴリズムを使用し、base64エンコーディングからテキストを復号します。

Encryptキーと、指定されたOpenSSLアルゴリズムを使用し、テキストをbase64エンコーディングに暗号化します。
Hash入力テキストをハッシュ暗号化し、出力に返される文字列を16進、2進、またはbase64エンコーディングでダイジェストします。OpenSSLで指定された任意のハッシュアルゴリズムを使用できます。
HMAC入力テキストをHMAC暗号化し、暗号化されたテキストを返します。OpenSSLで指定された任意のHMACアルゴリズムを使用できます。
SHA1入力テキストをSHA1暗号化し、暗号化されたテキストを返します。
SHA256入力テキストをSHA256暗号化し、暗号化されたテキストを返します。

Sign

入力テキストを、入力アルゴリズムとプライベートキーでSign暗号化し、出力に返される文字列を16進、2進、またはbase64エンコーディングでダイジェストします。

エラー処理

関数

説明

If Error

フローを停止せずエラーを処理するため、別のアクションを指定します。

Return Errorエラーをスローしてフローを終了します。
Return Error If条件テストの結果がtrueなら、エラーをスローしてフローを終了します。 フローを条件付きで停止するとき、それを通常の動作として扱い、エラーにしない場合は、Continue Ifを使用してください。

ファイル

関数

説明

DownloadHTTPまたはHTTPSを使用して、Designerファイルシステムにファイルをダウンロードします。 たとえば、ブラウザーのURLを使用してアクセス可能な画像やドキュメントなどのファイルは、この関数でダウンロードできます。
Infoファイルの情報を取得します。使用するには、フローでこの関数より前にダウンロードしたファイルのFile Contentsを入力に設定します。 出力には、そのファイルについての情報が含まれます。
Multipart UploadソフトウェアのファイルシステムからWebサービスに、httpまたはhttpsを使用し、マルチパート形式のデータとしてファイルをアップロードします。
UploadソフトウェアのファイルシステムからWebサービスに、HTTPまたはHTTPSを使用してファイルをアップロードします。

フロー制御

関数

説明

Assign与えられた入力に基づいて、新しい出力フィールドを作成します。

Call Flow

現在のフローのコンテキスト内で、別のフローを実行します。 その別のフローが完了すると、今のフローが再開されます。他のフローの完了を待つ必要がない場合は、Call Flow Asyncを使用できます。

Call Flow Async別のフローを開始してから、そのフローの完了を待たずに次に進みます。複数のCall Flow Asyncカードをつなげると、異なるアクションの組を同時に開始できます(並列実行)。

Pause

Pause関数は現在のところ、プログラムで再開されるフローで使用したときのみ動作します。特定の時間だけ、または特定の時間までフローを一時停止するには、Wait ForまたはWait Until関数を使用してください。

Pause Raw

実行中のフローの実行を一時停止し、未加工のhttpデータを呼び出し元に返します。resume APIを呼び出すと再開できます。

Repeatヘルパーフローを指定した回数だけ実行します。

Return

フローを終了し、フローの呼び出し元に値を返します。

Return Raw

HTTP応答へのフルコントロール付きで、呼び出し元にデータを返します。

Wait For

フローを一時停止し、指定された時間だけ待ってからフローの実行を再開します。

Wait Untilフローを一時停止し、特定の日時まで待ってからフローの実行を継続します。

フロー

関数

説明

Export Flow

単一のフローに含まれるすべての要素を、JSONファイルとしてエクスポートします。

フォルダー

関数

説明

Export Folder

1つ以上のフローを含むフォルダーを、JSONファイルとしてエクスポートします。

JSON

関数

説明

Parseこの関数は、JSON文字列を解析し、オブジェクトやリストなどの型付きフィールドに変換します。これらは以後の関数で使用できます。 この関数は、Stringify関数の逆の動作を行います。
Stringifyこの関数は、オブジェクトやリストなどの型付きの値を、JSON文字列に変換します。 この関数は、Parse 関数の逆の動作を行います。

JWT

関数

説明

Decode署名の検証なしにJWTをデコードします。
SignJWTをエンコードして署名します。
VerifyJWTをデコードして検証します。

リスト

関数

説明

Add to End

リストの末尾にアイテムを追加します (Pushとも呼ばれます)。

Add to Front

リストの先頭にアイテムを追加します (Unishiftとも呼ばれます)。
Atリスト内で指定された位置のアイテムを返します。最初のアイテムは位置0です。
Collapseオブジェクトのリストについて、各オブジェクトをリストの順序に結合し、単一のオブジェクトにまとめます。オブジェクトのキーがオーバーラップしている場合、後に出現する値が前の値より優先されます。

Combine All(すべて結合)

2つ以上のリストの内容を結合します。

Construct値の組から新しいリストを構築します。
Differenceリスト(list1)から、2番目のリスト(list2)にも存在するアイテムを削除します。 出力は、list2に存在しないアイテムのみを含む、list1のサブセットである新しいリストです。 リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせん。 3つのリストはすべて同じ型に設定する必要があります。
Filterリストにフィルタリングを行い、特定の条件を満たすアイテムのみを含めるようにします。複雑な条件に基づいてフィルタリングを行うには、Filter Customを使用してください。
Filter Custom

Filter Custom関数は、指定されたリストから、テストに合格したアイテムのみを含む新しいリストを作成します。 テストは、アイテムごとに1回ヘルパーフローを呼び出して行われます(親フローについてを参照)。フローは、そのアイテムを出力リストに含めるべきかどうかをtrueまたはfalseで返します。 簡単な比較テストを使用してフィルタリングを行うには、Filter関数を代わりに使用してください。

Findリストから、指定された条件を満たす最初のアイテムを見つけます。 複雑な条件に基づいて検索を行うには、Find Customを使用してください。
Find Custom

リストのアイテムに1つずつヘルパーフローを実行してアイテムを見つけ、見つかった最初のアイテムを返します。フローはtrueを返します。単純な検索には、Find関数を代わりに使用してください。

Flattenリストを含むリストを受け付けて、単一のリストに変換します。
For Eachリストを処理し、アイテムごとに ヘルパーフローを呼び出し ます。

For Each - Ignore Errors

リストを処理し、アイテムごとにヘルパーフローを呼び出します。 この関数はFor Each関数とほぼ同じですが、1つ重要な相違点があります。 For Eachは、ヘルパーフローでアイテムのいずれかを処理するときにエラーが発生すると、それ以後のアイテムの処理を中止します。これに対して、この関数はヘルパーフローでエラーが発生しても、すべてのアイテムの処理を続けます。
Get First Item指定されたリストから、最初のアイテムと、そのアイテムを削除したリストの2つの出力を返します (Shiftとも呼ばれます)。
Get Last Item指定されたリストから、最後のアイテムと、そのアイテムを削除したリストの2つの出力を返します (Popとも呼ばれます)。

Group By

リストを取り、指定したパスにある元のリストの値でグループ分けしたリストを出力します。

Includesリストに特定のアイテムが含まれているかどうかをチェックします。出力はTrue/Falseの値で、リストにアイテムが含まれていればtrue、含まれていなければfalseを返します。リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせん。 値はその型のアイテムにする必要があります。
Index Byこの関数は、一般的なAPIパターンとして、サービスからフィールド値のリストがオブジェクトのリストとして返され、それぞれのオブジェクトにキーの1つとしてフィールド名、もう1つのキーとしてフィールドの値が含まれている場合のために設計されています。
Intersection2つ以上の入力リストを受け付けて、すべての入力リストに含まれているアイテムのみを含む新しいリストを作成します。 リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせんが、すべてのリストのアイテムが同じ型の必要があります。
Lengthリストのアイテム数を調べます。
List - Errors多くのリスト関数は、別のフローを呼び出してリストを処理します(Filter、Find、For Each、Map、Reduce、Sort、Uniqueなど)。これらのカードのいずれかでエラーが発生した場合、関数が呼び出したフローの[Flow History(フロー履歴)]を調べると、エラーの詳細が明らかになることがあります。
List to Textこの関数は、オプションのセパレーターを使用し、リストから単一のテキスト出力を生成します。たとえば、製品名のリストがある場合、この関数を使用して製品名のカンマ区切りリストを作成し、メールに含めることができます。
Map

Map関数を使用して、リストのアイテムごとにヘルパーフローを実行し、新しいリストに変換できます。親フローについてを参照してください。

Merge2つ以上のリストのオブジェクトを一致オフセットで結合します。 複数のリストで、同じオフセットに同じキーが存在するアイテムについては、後のリストの値により、前のリストの値が上書きされます。
Pluck

この関数はオブジェクトのリストを受け付け、サブリストを生成します。入力リストの各オブジェクトから、keyで指定されたキーを抽出し、それらの値を出力リストに入れます。 list 入力はオブジェクトのリストであることが必要です。

Reduceこの関数は、リストの各アイテムについてヘルパーフローを実行し、単一の累積値を生成します。 たとえば、リストの最も大きな数値を判定する、テキストのリストに「A」で始まるテキストアイテムがいくつ存在するか数えるなどを行えます。結果は数値だけではなく任意の型を使用できるので、Reduceを使用してテキスト、日付、true/false、オブジェクト、またはこれらのリストを構築することもできます。
Remove Duplicates(重複の削除)リストから重複アイテムを削除します。
Reverseリストのアイテムの順序を逆転します。
Sampleリストからランダムなサンプルを生成します。
Slice開始および終了ポイントを使用して、リストのサブセットを選択します。
Sortリストを最も小さい値から、最も大きい値への順に並べ替えます。
Sort CustomSort Customを使用すると、別のフローを呼び出し、各アイテムの並べ替えるに使用される値を生成して、リストのカスタム並べ替えを行えます。単純な並べ替えには、Sort関数を代わりに使用してください。

Split

特定のインデックス値でリストを分割します。

Statistics

数値のリストについての統計を読み取ります。

Sum数値のリストの合計値を計算します。この関数は、数値型のリストのみを受け付けます。 数値がテキストとして書式化されているリストの場合、Map関数を使用して各アイテムをテキストから数値に変換できます。 数値がオブジェクトのリストに格納されている場合、Pluck関数を使用して数値のリストを生成し、Sumに渡すことができます。

Swap

リストの2つの要素を交換します。

Truncateリストを指定の長さに切り詰めます。
結合(一意の結合)複数のリストを組み合わせて単一のリストにします。このリストには、入力リストのいずれかに含まれている固有の値がすべて含まれます。リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせんが、出力リストも含め、すべてのリストのアイテムが同じ型の必要があります。
Unique Customカスタムロジックを使用して、リストから重複するアイテムを削除する方法を決定できます。
XORXORは「排他的論理和」で、2つの入力リストを受け付け、入力リストの片方に含まれているが、両方には含まれていないアイテムすべてを含む、新しいリストを生成します。リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせんが、両方の入力リストと出力リストのすべてが同じ型に設定されている必要があります。
Zip長さが同じ2つのリストを受け付けて結合し、対応するペアのリストのリストに変換します。たとえば、[1,2,3]["a","b","c"]というリストにZipを使用すると、[[1,"a"],[2,"b"],[3,"c"]]という新しいリストが生成されます。入力リストは、どのような型のリストでもかまいません。

数値

関数

説明

Absolute Value数値の絶対値を計算します。これは、正負を問わない数値の大きさです。たとえば、-5と5の絶対値はどちらも5です。
Add入力値の合計値を返します。
Divide2つの値に除算操作を行い、商を返します。
Exponentオイラー数e(約2.718)の指定された数値によるべき乗(指数)を計算します。別の基数を使用して指数を計算するには、Powerを代わりに使用してください。
Factorial数値の階乗を計算します。数値が0より小さい場合は0が返されます。階乗とは整数について、その整数、およびそれより小さいすべての整数の積です。たとえば、5の階乗は5×4×3×2×1で、120です。
Formulaドラッグアンドプロップしたフィールドと、入力した演算子、関数、数値を組み合わせて、数式を構築します。 数値フィールドは、数式の中で数値を置ける場所なら、どこにでも配置できます。実行時にフィールドの値を使用して数式が評価され、単一の出力数値が生成されます。
Log対数を計算します。これは、与えられた数値が基数の何乗であるかを意味します。
Multiply指定された値の積を返します。
Power基数を指定した数で累乗した結果(指数)を返します。
Random Integer2つの数値の間でランダムな整数を計算します。
Remainder2つの整数を除算した余りを計算します。
Round数値を、最も近い整数に丸めます。
Round Decimal Places数値を、指定された数の小数の桁数に丸めます。
Round Downその数以下で、最も近い整数への丸めを行います (Floorとも呼ばれます)。
Round Upその数以上で、最も近い整数への丸めを行います (Ceilingとも呼ばれます)。
Sign数値の符号を計算します。
Square Root数値の平方根を計算します。たとえば、16の平方根は4です。
Subtract2つの値の差を返します。

オブジェクト

関数

説明

Clear Emptyオブジェクトから、値と結び付けられていない(null、""、{}など)キーを削除します。Object - Filter関数と似ていますが、フィルタリングを再帰的に行うかどうかを選択できる機能が追加されています。

Collapse

keyとvalueのプロパティを持つオブジェクトのリストを1つのJSONオブジェクトに結合します。これはSplit関数カードとは逆の働きをします。

Constructユーザー定義入力の組に基づいて、新しいオブジェクトを作成します。
FilterFilterカードは、オブジェクトから、値と結び付けられていない (null、""、{}など) キーを削除します。オブジェクトが他のオブジェクトを含むことができる場合、Clear Emptyカードを代わりに使用してください。
For Eachヘルパーフローを使用して、オブジェクトにキー単位の実行を繰り返します。 入力オブジェクトの各キーについて、そのキーの key名と valueでヘルパーフローが呼び出されます。これらは、[Choose Flow(フローの選択)]ボタンを使用してヘルパーフローを選択してから、Designerのドロップダウンを使用して選択できます。
Get与えられたパスのオブジェクトに格納されている値を読み取ります。たとえば、オブジェクトが{ "a":"one", "b":"two", "c": 17 }なら、パスに bを指定すると、テキスト twoが取得されます。オブジェクトから複数の値を同時に取得するには、Get Multipleを代わりに使用してください。
Get Multipleオブジェクトから複数の値を同時に取得します。Getと似ていますが、Get Multipleカードではオブジェクトの値へのキーやパスを複数指定し、複数の値にアクセスできます。
KeysKeysカードは、オブジェクト内のキーのリストを生成します。
Mapヘルパーフローを使用してオブジェクトをキーごとに処理し、出力として新しいオブジェクトを作成します。 入力オブジェクトの各キーについて、そのキーの key名と valueでヘルパーフローが呼び出されます。これらは、[Choose Flow(フローの選択)]ボタンを使用してヘルパーフローを選択してから、Designerのドロップダウンを使用して選択できます。
Map to Listヘルパーフローを使用してオブジェクトにキー単位の実行を繰り返し行い、出力としてリストを生成します。オブジェクトのキーごとに、1つのアイテムがリストに含まれます。 入力オブジェクトの各キーについて、そのキーの key名と valueでヘルパーフローが呼び出されます。これらは、[Choose Flow(フローの選択)]ボタンを使用してヘルパーフローを選択してから、ヘルパーフロー入力のドロップダウンを使用して選択できます。
Merge複数のオブジェクトを単一のオブジェクトに結合します。出力オブジェクトには、入力オブジェクトのいずれかに存在するキー (と、それに関連付けられた値) がすべて含まれます。同じキーが複数の入力オブジェクトに存在する場合、1つの値のみが取得されます。 デフォルトの入力は2つですが、さらに追加することもできます。
Move値をキーから別のキーに移動します。これは本質的に、値を維持したままキーの名前を変更することになります。
Setオブジェクトのキーを指定された値に設定します。キーが存在しない場合は新たに作成されます。
Sizeオブジェクトの要素数を返します。

Split

オブジェクトを、それぞれがkeyとvalueのプロパティを持つオブジェクトのリストに分割します。これはCollapse関数カードとは逆の働きをします。

Unsetオブジェクトのキーと値のペアを削除します。
ValuesValuesカードは、オブジェクト内の値のリストを生成します。
Zip2つのリストについて、最初のリストのキーを2番目のリストの値にマップして、オブジェクトを作成します。これは、キー名にドットが含まれるオブジェクトを作成するとき特に便利です。

テーブル

関数

説明

Clear Table

テーブルのすべての行を削除します。

行の作成テーブルに新しい行を作成します。
Delete Rowテーブルの行を削除します。
Export To CSV

テーブルをCSVファイルにエクスポートし、すべての行、またはフィルタリングされた行のサブセットを含めます。

Import From CSVCSVファイルの内容をテーブルにインポートします。
Read Rowテーブルの行の値を読み取ります。
Read TableテーブルIDで識別されるテーブルの列スキーマを返します。
行の検索テーブルで、指定された条件の組と一致する行を探します。
行の更新テーブルの行を更新します。

テキスト

関数

説明

Atテキスト入力の指定位置にある単一の文字を返します。0が最初の位置を表します。単一の文字ではなくセグメント全体を取得するには、Text Segment関数を使用します。単一の文字を探すには、Findを使用します。
Base64

文字列のbase64エンコーディングを返します。たとえば、「Hello」と入力すると「SGVsbG8=」が返されます。詳細については、base64とはを参照してください。

Base64 Decodebase64デコードされたテキストを返します。たとえば、「SGVsbG8=」と入力すると「Hello」にデコードされます。
Compose入力したテキストと、ドラッグアンドドロップしたフィールドを組み合わせます。実行時に、すべてのテキストがフィールドの値と組み合わせられ、単一のテキスト出力が生成されます。
Concatenate

入力を受け付けてスペースなしで組み合わせ、単一のテキスト出力にします。この動作はComposeを使用しても行えます。

Find Emailテキスト内にある、最初の有効なメールアドレスを探して返します。たとえば、入力が「You can reach me at fred@example.com or support@example.com」なら、出力は「fred@example.com」です。
Find文字列内で、別の文字列が最初に出現する場所を探します。さらに複雑な検索、たとえばパターンに一致する文字列を探すには、Find Pattern関数を代わりに使用してください。
Find Lastテキスト内で最後に一致するものを探します。位置番号を返すか、見つからなかった場合は-1を返します。
Lengthテキストの長さを文字数で返します。
Find Patternテキストで、パターンに一致する最初の場所を探します。
Random指定された長さのランダムテキストを返します。
Replaceテキストを検索して置き換えます。
Replace Patterns複数のパターンのいずれかを探し、単一の値に置き換えます。単一のテキストまたはパターンを探す検索と置き換えには、Replaceを代わりに使用してください。
Splitテキストをカンマ、または他の指定された区切り記号により区切られたテキストセグメントのリストに分割します。
Text Segmentテキストの位置を返します(従来は「Substring」と呼ばれていたもの)。
To Lower Caseテキストのすべての文字を小文字に変換します。
To Upper Caseテキストのすべての文字を大文字に変換します。
Trimテキストから、先頭と末尾の空白を削除します。
Unique IDランダムな一意識別子(UUID)を返します。これはグローバル一意識別子(GUID)と呼ばれることもあります。32桁の16進数(base 16)で表現され、ハイフンにより区切られた5つのグループとして表示されます。

True/False

関数

説明

All False?すべての入力がfalseならtrue、それ以外の場合はfalseを返します。(ブーリアン演算子NORとも呼ばれます)。
Andすべての入力がtrueならture、それ以外の場合はfalseを返します。
Any False?入力のいずれかがfalseならtrue、それ以外の場合はfalseを返します (NANDとも呼ばれます)。
Compare単純なtrueまたはfalseのテストを実行します。たとえば、Typeフィールドが「Customer」と等しいか、またはPriceフィールドが1000より大きいかなどをチェックできます。
Expression入力した演算子や値と、ドラッグアンドドロップしたフィールドを組み合わせて、TrueまたはFalseの式を構築します。 フィールドは、式の中で値を置ける場所なら、どこにでも配置できます。実行時にフィールドの値を使用して式が評価され、単一のtrueまたはfalseの出力が生成されます。 True/False以外の入力を使用する場合、数値フィールドでは0はfalse、それ以外はtrueに評価されます。テキストフィールドではnullまたは「false」がfalse、それ以外はfrueに評価されます。日付フィールドではタイムスタンプに変換され、比較で使用できます。
Nottrueまたはfalseの入力を受け付け、反対の値を返します。
Orいずれかの入力がtrueならtrue、それ以外の場合はfalseを返します。
Or (Exclusive)排他的論理和はtrue/false演算子 (XORとも呼ばれます) で、入力の1つ、そして1つだけがtrueのときtrueを、それ以外の場合はfalseを返します。
XNORTrue/False演算子で、両方の入力がtrue、または両方の入力がfalseならtrue、それ以外の場合はfalseを返します。これは、排他的論理和 (XOR) の逆の動作です。

URL

関数

説明

Decode ComponentURLエンコードされたコンポーネント、たとえばクエリーパラメーターの値などをデコードします。 この関数は、URLエンコードされたすべての文字をデコードし、デコードされたテキストを出力します。
Decode Query

URLエンコードされたクエリー文字列を、クエリーオブジェクトにデコードします。

Encode Componentテキストを、URL内で使用するための、URLエンコードされたテキストにエンコードします。
Encode Queryクエリーオブジェクトを、URLエンコードされたクエリーオブジェクトにエンコードします。
FormatURL文字列をコンポーネントから構築します。
ParseURL文字列を解析し、正しいエンコーディングでコンポーネントに分割します。

XML

関数

説明

BuildオブジェクトをXML文字列に変換します。
Parseこの関数は、XML文字列をオブジェクトに変換します。XMLをオブジェクトに変換すると、リストオブジェクトのカテゴリに含まれる多くの組み込み関数を利用して、XML文字列を処理し、得られた値をフローの後の部分で利用できます。