親フローについて

親フローとヘルパーフローは、Workflowsプラットフォームで実行する主要な2つのタイプのフローです。

Workflowsインターフェイスの従来の子フローは、新たにヘルパーフローと呼ばれるようになりました。これらのフローの機能は変更されていません。

親フロー(呼び出し元)は次のいずれかです。

  • サードパーティー製アプリケーションのイベント、たとえばSalesforceコネクターのレコードの更新イベントカードによりトリガーされるイベントフロー

  • 事前に定義された周期で実行するようスケジュールされたフロー

  • 特定のAPIエンドポイントに対して実行されるAPI Endpointフロー

これに対してヘルパーフローは任意の親フローから呼び出すことができ、リストのクエリーなど繰り返しアクションを行います。ヘルパーフローが親フローにより呼び出されたら、子フローが有効になり、実行されます。これ以外の場合、ヘルパーフローは無効のままです。

フォルダビューでは、特定のフォルダに属するすべてのフローが一覧表示され、タイプ、アクティブステータス、名前、作成者、操作された日付、最後に編集された日付で並べ替えできます。

フォルダの各フローについてタイプが表示されることに留意してください。

アプリケーションイベントフローについて

アプリケーションイベントに基づいて実行されるフローは、Oktaまたはサードパーティ製アプリケーションでアクションが発生したとき実行されます。このようなイベントの基本的な例を次に示します。

  • ユーザーがOktaのアプリケーションに追加された場合
  • Salesforceで新しい顧客が作成された場合
  • Google Sheetに新しい行が追加された場合

Oktaのアプリケーションイベントを含め、多くのアプリケーションイベントが受信Webhookへの応答としてトリガーされます。指定されたイベントが発生すると、ただちに外部システムがWorkflowsに対しHTTP呼び出しを行い、イベントベースのフローが実行されます。

スケジュールされたフローについて

スケジュールされたフローイベントは、スケジュールに従った実行、たとえば1時間に1回、金曜日の午後5時、毎月の最初の日の午前9時などに実行できます。

スケジュールされたフロー イベントを追加すると、スケジュールの詳細を指定するよう求められます。スケジュールを変更するには、カードの下端にある時計のアイコンをクリックします。なお、ほとんどのアプリケーションイベントのスケジュールも同様に調整できます。たとえば、Salesforce - New Recordイベントで、新しいレコードのチェックを5分ごとではなく、毎週金曜日の午後5時に行うように設定できます)。

スケジュールは、フローがオンになった後でのみ有効になります。

それぞれのスケジュールされたフロー カードには、次の出力があります。

  • Current Time - フローの現在のインスタンスが開始された日時(ISO UTC形式)。 この値は、任意のテキストまたは日付&時刻の入力に渡すことができます。

  • Execution ID - フロー インスタンスの一意のID 。

APIエンドポイントフローについて

APIエンドポイントフローは、外部ソースからトリガーできるフローです。APIエンドポイントフローは、アプリケーションに関連付けられたイベントによって開始されるフローとは異なり、クライアントが適切なセキュリティー設定により適切なエンドポイントに到達しているかぎり、いつでもトリガーできます。

エンドポイントを呼び出すクライアントは、フローを実行し、フローの実行の出力を受け取ります。

このAPIエンドポイントは、以下の2つの方法で公開できます。

  • Webhookとして公開:このセキュリティーレベルで公開されたフローには、呼び出し再開、または再試行のリクエストを行うクライアントが適切な呼び出しURLとともに適切なクライアントトークンを渡している場合のみアクセスできます。クライアントトークンとフローのエイリアスに関する詳細については、フロークライアントトークンについてフローのエイリアスについてをご覧ください。
  • 公開サービスとして公開:このセキュリティーレベルで公開されるフローは、呼び出しURLで誰でも利用できます。呼び出しURLは、フローのエイリアスを基に作成されます。

APIエンドポイントの公開方法は、[API Endpoint Settings(APIエンドポイントの設定)]ダイアログから変更します。

APIエンドポイントの適切な公開方法を決定したら、フローを呼び出せます。

関連項目

フローの構築とテスト